【医師監修】認知症治療の音楽療法とは|得られる効果や注意点

【医師監修】認知症治療の音楽療法とは|得られる効果や注意点

公開日 2021/12/20

音楽療法というワードを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。音楽療法は認知症治療の予防や治療のサポートとなるため、介護サービスや介護施設で取り入れられていることがあります。

この記事では、認知症治療の音楽療法について説明していきます。自宅でも簡単にできるものなので、ぜひ実践してみてください!

音楽療法とは

音楽療法は心や体の障害の機能を回復したり健康の維持などを目的としたリハビリテーションのひとつ

音楽療法とは、心や体の障害の機能を回復したり健康の維持などを目的としたリハビリテーションのひとつで、音楽の持つ特性を活かしたプログラムを実施します。

音楽療法を受ける方は、障害や疾病に関係なくすべての年齢や性別の方が対象です。

介護施設や病院、自宅へ音楽療法士事務所から音楽療法士が派遣されることが多いです。

音楽療法士に必要なことは、音楽の技術があるのはもちろん、「音楽の特性やリハビリテーションの目的を理解すること」「クライアントの心身の状態やリクエストを把握したうえで適切な働きかけができること」「療法をおこなうことによりクライアントの目的を達成できること」などが挙げられます。

音楽療法は2種類ある 

音楽療法には以下の2種類があります。

  • 受動的音楽療法
  • 能動的音楽療法

それでは詳しく説明していきましょう。

受動的音楽療法

受動的音楽療法とは、音楽を聴いたり、歌の歌詞や歌の情景に合った写真から思い浮かべるといった受け身的な療法になります。施設でCDを聞いたり、地域のボランティアの方に楽器を演奏してもらうなどがあります。

能動的音楽療法

認知症の音楽療法には自分で楽器を演奏する「能動的音楽療法」がある

能動的音楽療法とは、音楽に合わせて歌う、楽器を演奏するといった、自分でアクションを起こす療法のことです。介護施設で季節の歌を合唱したり、カラオケを歌うなどがあります。

音楽療法の効果

音楽療法は身体的なことに対して次のような効果があると言われています。

  • 痛みやストレスの軽減
  • 脳の活性化
  • 表情や感情の表出
  • 自尊心の向上
  • 記憶の誘導(回想法
  • コミュニケーションの向上

どのような効果があるか、次にご説明していきます。

痛みやストレスの軽減 

一般の方でもクラシック音楽など聞くとリラックスすることがあるでしょう。心地良い音楽を聴くことにより、認知症や痛みによって引き起こされる不安やストレスをやわらげる効果が期待できると言われています。

同様に、認知症の方特有の不安や緊張などから生まれる妄想や攻撃的な言動なども、音楽療法を受けることで軽減することがあります。

脳の活性化

認知症の方でも懐かしい音楽やリズミカルな音楽を聞くと、思わず歌ったり手拍子を叩いたり、体を揺らしたりすることがあります。そうすることにより、脳のさまざまな部位が活性化し、認知症に関する脳の箇所に良い刺激を与えることができます。

表情や感情の表出 

音楽療法では楽しそうにリズムを取りながら手拍子や体をリズミカルに動かすようになる

感情の乏しい方や自発性の低い方でも、音楽療法をおこなうと笑顔が出てきたり、楽しそうにリズムを取りながら手拍子や体をリズミカルに動かしだすことがあります。

自尊心の向上

認知症は「忘れてしまう」「思い出せない」という不安がよくあります。そのため、音楽療法を受けている最中に昔の歌の歌詞がスムーズに出てきたり、良い思い出を正確に思い出す経験などを積み重ねることにより、本人の自尊心を向上させる効果があると言われています。

記憶の誘導(回想法)

一般の方も、子どもの頃に聴いた懐かしい曲や青春期に聴いた曲を聞くとその頃感じた感情が再び蘇ってくることがあるでしょう。

同様に、認知症の方も懐かしいメロディや好きだった歌謡曲を聞くことにより、リラックスし始めたり、周りの人と思い出話をするなど会話が増えることがあります。

コミュニケーションの向上

認知症や言語障害のある方でも、音楽療法を取り入れることでコミュニケーションの向上効果が見込めると言われています。

認知症の方は、不安などから心を開かないこともあり、言語機能障害の場合は、周りの人とうまく話せないことから孤独になる場合もあります。

そこで思い出の曲や同郷の校歌を口ずさんだり、簡単な振りを一緒に合わせて体を動かすことにより、会話をしたり心を開くきっかけとなる場合があります。

音楽療法の実施例

自宅または介護施設での音楽療法の実施例をご説明していきます。介護される方に合ったタイプを見つけてください。

自宅で音楽療法

住み慣れた自宅でも音楽療法をおこなうことは可能です。寝たきりの方でも、昔なじみの音楽を聴く、歌う、音楽に合わせて手拍子を打ったり、体をゆっくり動かしたりと簡単に取り組めます。

音楽療法を受ける方の趣味や希望に添った、無理のないプログラムを用意してもらうと良いでしょう。

介護施設で音楽療法

介護施設でも音楽療法が取り入れられており、音楽療法士の演奏を聴いたりコンサートを聴きに行ったりする

介護施設の中でも音楽療法は人気のレクリエーションのひとつ。受動的音楽療法として音楽療法士の演奏を聴いたり、コンサートを聴きに行くイベントを開催する介護施設などがあります。

また、伴奏付きの合唱や合奏、リズム体操、連想、手遊び歌といった能動的音楽療法をおこなう施設もあります。

音楽療法の注意点

音楽療法はただ音楽を流せば良いといったものではありません。音楽療法をおこなう上では、次のような注意点があります。

  • 聴力の確認
  • 疲れやすさに注意
  • 本人の歴史や好みに注意
  • 状態の把握
  • 一緒に楽しむ

聴力の確認

高齢になると昔のように音楽が楽しめない場合があります。老化に伴い聴力が衰えることにより、慢性的な耳鳴りや高音域が聴き取りづらいことがあるからです。そのため、音楽療法をする際は、受ける方の聴力を確認しましょう。

日頃からテレビやラジオを大音量で聴いたり、補聴器を使用している方は音楽療法中にフォローが必要となることがあります。

疲れやすさに注意

音楽療法をおこなう際は、認知症の方の疲れやすさに注意しましょう。

認知症の方は集中力や注意力を持続させづらく、脳も疲れやすいことが多いため、長時間の連想や集中が必要なことをさせすぎると、ストレスが溜まってしまうことがあります。そのため、休憩やちょっとした雑談など、音楽療法を受ける方がリラックスしている工夫が必要です。

本人の歴史や好み

認知症の方は、幼少期、青年期、新婚時代、子育て時代といったさまざまな時間を生きていることがあります。

子どもの頃の童謡や青春時代の歌謡曲など、その時々で楽しめる楽曲が変わっている可能性もあります。そのため、本人のタイムラインや好みに沿ったプログラムを構成すると良いでしょう。

状態の把握

音楽を流す際は、認知症本人の状態や楽曲の好みの傾向、そのときの心身の状態にフィットした楽曲を提供するよう心がけてください。「戦後のあの曲が聞きたい」と突然リクエストされることもあるでしょう。臨機応変に対応できるように、日頃からさまざまな楽曲を学んでおくことが大切です。

一緒に楽しむ

音楽療法は提供する側も一緒に楽しむことが大事なポイント。

介護施設で学生時代の合唱曲や流行した歌謡曲を歌いだすと、利用者や介護スタッフもなんらかの連帯感を味わいながら一緒に朗らかに口ずさむこともあるでしょう。家族内で共通の思い出の曲など歌えば、認知症の方でも楽しい家族の思い出などを正確に思い出すことがあります。

認知症の方も介護する方も、一緒に音楽に触れることで、その場の雰囲気もより明るく楽しくなることが多くなり、音楽療法の効果が高まります。簡単なものから日常の介護生活に取り入れてみるのも良いでしょう。

音楽療法に関するよくある質問

音楽療法とは何ですか?

音楽療法は、心や体の障害の機能を回復したり健康の維持などを目的としたリハビリテーションのひとつで、懐かしい音楽や思い出の曲を聴くことで脳に適度な刺激を与えます。また、音楽療法を受ける人は障害や疾病に関係なくすべての年齢や性別の人が対象です。

音楽療法にはどんな種類がありますか?

音楽療法には「受動的音楽療法」「能動的音楽療法」の2種類があります。

受動的音楽療法は、CDを聞いたり、ボランティアなどの合唱を聞いたりするといった受け身的な療法です。一方の能動的音楽療法は、音楽に合わせて歌う、楽器を演奏するといった、自分でアクションを起こす療法のことを指します。

音楽療法は誰がおこないますか?

音楽療法士が、介護施設や病院、自宅へ派遣されることが多いです。音楽療法士は基本的に楽器を利用しながら、対象の人に療法を提供するのが仕事です。

音楽療法の目的をしっかりと理解している、対象の人の心身状態やリクエストを把握した上で適切な働きかけができるといった音楽療法士は良いと言えるでしょう。

よく読まれている記事

よく読まれている記事

article-image

【動画でわかる】有料老人ホームとは?費用やサービス内容、特養との違いは

介護施設を探している中で「老人ホームにはいろいろな種類があるんだ。何が違うんだろう?」と疑問を感じることがあるかもしれません。 そこで今回は、名前に「老人ホーム」とつく施設の中でも、「有料老人ホーム」を中心に紹介。よく似ている「特別養護老人ホーム」との違いも見ていきます。 「老人ホームの種類が多すぎて訳がわからない」と思ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。 https://youtu.be/eMgjSeJPT8c 有料老人ホームの種類 有料老人ホームには、以下の3種類があります。 介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム 健康型有料老人ホーム この3種類の違いを以下にまとめています。 種類 介護付き有料老人ホーム ...

2021/10/28

article-image

【動画でわかる!】グループホームの費用はいくらかかる?月額利用料の内訳や初期費用を徹底解説!

認知症の方の入居先を探す際、選択肢に挙がるのが認知症の高齢者が共同生活を営む小規模介護施設「グループホーム」です。 この記事では、グループホームの入居一時金や月額利用料を詳しく解説。グループホームで使える助成制度についてもご紹介しています。 https://youtu.be/5Bec4lhyW4M グループホームにかかる費用の相場 グループホームの費用には、入居時に必要な「初期費用」と毎月発生する「月額利用料」があります。民間、社会福祉法人、医療法人、NPO法人とさまざまな団体がグループホームを運営していることから、施設ごとの費用やサービスには差があります。 初期費用は0円の施設から100万円程度の施設まであり、平均すると10~20万円程度。月額利用料は施設の立地やサービス内容によっても異なり、おおむね15~30万円程度です。 一般的な有料老人ホームに比べると、初期費用・月額利用料ともに費用を抑えて入居することが可能です。 項目 ...

2021/11/15

article-image

グループホームに必要な人員基準|注意点と他施設との比較

「グループホームの職員はどれくらい配置されてるの?」「夜間に人が少ないと徘徊などに対応できないのでは?」などとグループホームの人員基準に関して疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、グループホームの人員基準と注意点、他施設との比較に関して解説しています。 「グループホームの入居を検討しているけど、どんな人からサポートを受けられるの?」などと悩まれている方は、是非、参考にしてみてください。 グループホームは主に4つの人員基準で成り立っている グループホームの人員基準は主に次の4つの職種で設定されています。 介護職員 計画作成担当者 管理者 代表者 それぞれの人員基準について詳しく見ていきましょう。 介護職員の人員基準 介護職員は入居者の生活援助や身体介助などの業務を担っており、入居者3人に対して1人以上配置されます。また、複数の人員が配置されるときは、最低1人は常勤職員であることも人員基準で決められています。 入居者の見守りは深夜も必要なため、介護職員は24時間体制で常駐しています。また、複数のユニットがあるグループホームは、ユニットごとに専任の介護職員が配置されます。 計画作成担当者の人員基準 計画作成担当者は入居者一人ひとりに合わせたケアプランを作成する職員で、ユニットごとに1人以上配置されます。なお、1つの事業所に2ユニットある場合は計画作成担当者も2人必要です。 計画作成担当者になるには次の要件を満たす必要があります。 実務者研修基礎課程または認知症介護実践者研修を修了していること 専らその職務に従事する者であること また、計画作成担当者のうち最低1人は、介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格の保有が必要です。 管理者の人員基準 管理者とは経営や人事・労務管理など管理業務を担う職員で、ユニットごとに常勤の管理者が配置されます。自らも介護サービスの実施や他の職員の指導をおこなうため、介護の知識や経験も必要です。 管理者になるには次の要件が求められます。 特別養護老人ホームや介護老人保健施設などで3年以上従事した経験があること 厚生労働省が規定する管理者研修を修了していること 特定の介護施設における3年以上の実務経験に加え、認知症高齢者介護の経験も必要です。さらに厚生労働省の管理者研修を受けて、ようやく管理者になるための基準を満たせます。 なお、管理業務に支障をきたさなければ、ほかの職種との兼任も可能です。 代表者の人員基準 管理者の管理対象がユニット単位なのに対し、代表者はグループホーム全体を管理します。代表者になるには、次の要件を満たす必要があります。 介護施設で認知症高齢者介護に従事した経験を持つこと、もしくは保険・医療・福祉サービスの提供をおこなう事業所の経営に携わった経験があること 厚生労働省が定める認知症対応型サービス事業開設者研修を修了していること グループホームの人員基準の注意点 グループホームの人員基準を職種ごとに説明してきましたが、注意する点もあります。しっかり把握したうえで入居施設を選びましょう。 介護職員が常勤ではない場合がある 介護職員の人員基準は入居者3人に対して1人以上のため、1ユニットあたり最低でも2~3人が配置されます。全員が常勤である必要はなく、1人以上の常勤職員がいればパートやアルバイトなどの臨時職員も起用できます。このため、特に食事や入浴など人手が多く必要な時間帯では、非常勤職員が担当となる場合も多いです。 規定の人数が必ず24時間確保されているわけではない グループホームの人員基準は入居者3人に対して介護職員1人と決められています。しかし、適用されるのは日中のみで、24時間この人数が常駐するわけではありません。 人員基準は時間帯によって異なり、夜間や深夜は1ユニットに対して介護職員が1人以上いれば良いとされています。このように、時間帯によっては介護職員が手薄になる場合もあると把握しておきましょう。 規定の3:1を超えない場合もある 入居者3人に対して介護職員1人という比率は、実際に介護現場で働いている職員数ではなく労働時間をもとに計算します。つまり、人手が多く必要な時間帯を手厚くした分、それ以外の時間帯の職員数を抑えることも可能です。このように実際に働く職員数は人員基準をもとに調節されるため、時間帯によっては既定の「3:1」を超えないこともあります。 グループホームによってサービスの質や人員は大きく変わる グループホームの人員の最低基準は厚生労働省によって決められていますが、実際にどのくらい配置するかは施設の裁量に任せられています。このため、基準をギリギリクリアする施設もあれば、基準を上回る人員を確保している施設もあります。 人員が豊富なグループホームは職員一人ひとりにかかる負担が抑えられるため、サービスの質が向上します。逆に人員が少ないと、時間帯によってはサービスが行き届かなくなることも。人員配置によってサービスの質や量は変わるため、入居前に確認することが大切です。 グループホーム以外の介護施設の人員基準 グループホームだけでなく、ほかの介護施設の人員基準も知っておきましょう。介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、特別養護老人ホームの人員基準を紹介します。 介護付き有料老人ホームの人員基準 介護付き有料老人ホームは、主に介護を必要とする高齢者が介護や生活支援を受けながら生活する施設です。 介護付き有料老人ホームの人員配置の最低基準は、要支援2以上の入居者3名に対して介護職員または看護職員を1名配置する「3:1」と決められています。施設によっては「2.5:1」「2:1」「1.5:1」などさらに手厚い配置にしている場合もあり、サービスが向上する分上乗せ介護費用が発生することもあります。 その他の主な人員は下記の通りです。 施設長(常勤の管理者) 事務員 生活相談員 看護職員 機能訓練指導員 計画作成担当者 栄養士 調理員 住宅型有料老人ホームの人員基準 住宅型有料老人ホームは、食事や洗濯、清掃といった生活支援サービスを受けられる高齢者施設です。 管理者を1人配置する必要がありますが、そのほかの職種の配置義務はありません。このため、下記の職種の配置は施設ごとに必要に応じて決められます。 介護職員 看護職員 生活相談員 機能訓練指導員 サービス付き高齢者向け住宅の人員基準 サービス付き高齢者向け住宅は、バリアフリー化された高齢者向けの賃貸住宅です。一般型と介護型があり、一般型は介護施設のような人員基準は特にありません。 一方、介護型は「特定施設」の認定を受けているため、入居者3人に対して介護職員1人以上の配置義務があります。 特別養護老人ホームの人員基準 特別養護老人ホームは基本的に要介護3以上の高齢者が入居する施設で、介護だけでなく医療ケアにも対応しています。人員基準は入居者3人に対して介護職員または看護職員1人以上の配置が定められています。 また、入居者100人に対して医師1名、看護師3名以上という基準も設けられています。 グループホームの人員基準に関するよくある質問 グループホームの職員の人員基準は? 入居者3人に対して介護職員を1人以上配置することが定められています。また、複数の人員が配置されるときは、最低1人は常勤職員であることも人員基準で決められています。 グループホームでは24時間規定の人員配置? 入居者3人に対して介護職員1人を配置するのは、日中にのみ適用されます。よって、夜間や深夜は1ユニットに対して介護職員が1人以上いれば良いとされています。 グループホームはどのような人員配置なの? グループホームの人員配置は、介護職員・計画作成担当者・管理者・代表者の4つの職種で成り立っています。 { "@context": "https://schema.org", "@type": "FAQPage", "mainEntity": [{ "@type": "Question", "name": "グループホームの職員の人員基準は?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", ...

2023/02/13

特集

介護の基礎知識

total support

介護の悩みを
トータルサポート

total support

介護施設への入居について、地域に特化した専門相談員が電話・WEB・対面など様々な方法でアドバイス。東証プライム上場の鎌倉新書の100%子会社である株式会社エイジプラスが運営する信頼のサービスです。

鎌倉新書グループサイト