light icon

特集

Q&A

老人ホームに入居する、なんていう経験は人生でもそうあるものではありません。当然、わからないこと、不安なこと、疑問などなど、頭の中が「?」マークでいっぱいになっていることでしょう。そんなアナタに、自称“日本一、老人ホームの入居相談を受けてきた男”こと「いい介護」入居相談室の室長・北野が、みなさんの疑問・質問にお答えします!
認知症 施設入居 在宅介護 糖尿病

糖尿病の父親がインスリン自己注射ができなくなってしまいました。どうしたら良い?

実家で一人暮らしをしている父は、10年以上前から糖尿病のためインスリン注射をしています。ですが、先日、帰省したところインスリン注射をしていないことがわかりました。 そのうえ、自己注射の方法もわからなくなったようで、注射器を渡しても自己注射ができません。 私が同居していれば代わりにインスリン注射を打つこともできるのですが、かなり遠方に住んでいるのでそれも難しいです。どうしたら良いでしょうか? (神田さん・パート・61歳) インスリンの自己注射をできなくなった際の解決策としては、大きく分けて2つあります。ひとつは在宅介護で訪問看護サービスを利用して看護師に注射をしてもらう方法。もうひとつは老人ホームに入居して、施設の看護師に対応してもらう方法です。在宅介護を続ける場合、懸念となるのが食事の管理です。糖尿病の方は食事の制限があることが多いですが、一人暮らしで制限に合わせた食事を準備するのは大変かもしれません。老人ホームであれば、糖尿病の方向けの制限食に対応できる施設も多いですし、レクリエーションなどで体を動かす機会も多くなって規則正しい生活ができると思います。ただ、お父様は認知症を発症している可能性もあります。もし、思い当たることがあるのであれば、病院にて認知症検査を受けていただくことをおすすめします。 高齢の親がインスリン自己注射ができなくなったときの対応 実家で一人暮らしをしている父親は、糖尿病のため10年以上前からインスリン注射を打っています。が、しばらく注射を打っていないことがつい先日わかりました。そのため、注射を打たせようとしたのですが、注射器の使い方がわからなくなってしまったようで、自分で打とうとしません。同居していれば父の代わりに注射することもできるのですが、私はかなり遠方に住んでいるのでそれは難しいです。どうやらしばらく通院もしていない様子もありますし…。何か対策はないでしょうか? それは心配ですね…。お父様のインスリン注射を続けるには、大きく分けて2つ方法があります。それは「在宅介護サービスを使う」「老人ホームに入る」です。それぞれについて、詳しくお話ししていきますね。 在宅介護サービスを使う ご自宅での生活を続けたいとお父様が考えているなら、在宅介護サービスを利用するのが良いでしょう。在宅介護サービスの中でも、訪問介護を利用するのがおすすめです。 訪問介護とは何ですか? 訪問看護とは、ご自宅に看護師が訪問して医療ケアをおこなってくれるサービス。インスリン注射を打ってくれるのはもちろん、そのほかの薬や健康状態の管理もしてくれます。自己注射を続けたいのであれば、再度、自分で打てるように指導してくれたり、所定のタイミングに必要な単位数を打てているかのチェックもしてもらえます。 そんなに手厚くサポートしてくれるんですね!たぶん、父は自宅で過ごしたいと言うだろうし、訪問看護を使ってみるのは良いかもしれないなぁ。 糖尿病の方は食事制限がある場合も多いです。ご自分で制限に合わせた食事を準備できない場合は、糖尿病対応の配食サービスもありますので、そちらも利用してみると良いと思いますよ。ただ、配食サービスでは細かいカロリーや塩分量、糖質量などには対応していないことも多いです。そのうえ、ご自分でお菓子などを買って食べてしまうリスクもあります。どうしてもご自宅の生活では管理しきれない可能性があることは念頭に入れておいてください。 老人ホームに入る インスリン注射や健康管理のために老人ホームに入るのもひとつの方法です。老人ホームでは看護師が常駐していたり、訪問看護を利用できるのでインスリン注射を打ってもらえますよ。ただ、注意したいのは看護師が対応可能な時間帯。日中だけ看護師が常駐している施設の場合、看護師が対応できる時間は朝9時~夕方6時が多いため、その時間外だと対応してもらえないでしょう。もし、朝食前や夕食後にインスリン注射が必要な場合は、24時間看護師が常駐している施設に入るか、医師に相談して看護師が対応できる時間で収まるようにインスリン注射を調整してもらう必要があります。 老人ホームっていつでも看護師さんがいるわけじゃないんですね。父の場合は、毎食前にインスリン注射が必要だったと思うのでよく考えないといけないですね。 ちなみに、老人ホームに入居する場合、糖尿病の制限食に対応している施設であれば食事の管理は施設に任せられるのがメリットですね。なかには細かいカロリーや塩分量、糖質量の調整に対応している施設もありますよ。それに、老人ホームではご自分でお菓子を買って食べるのはまずできませんから、そういった意味でも食事についての心配が少なくなるでしょう。 それは助かります!父は、食事制限があるのにいつも菓子パンやお弁当を買って食べていて…。何度も注意したのですが、自分で食事の管理ができなくて。もう80歳を超えたし、老人ホームに入れるのも良いのかもしれません。 インスリン自己注射ができないのは認知症のせいかも…。 お父様の状態を聞いて、認知症を発症しているのかも、と思ったのですが…。神田さんは思い当たることはありますか? 認知症ですか!?全然そんなこと考えていませんでした。確かに、前は使えていたインスリンの注射器の使い方がわからなくなったりもありますが…。あ、そういえば、何度も同じ質問をされたり、日付がわからなくなっている様子はありました。でも、父はもう86歳ですし、年齢を考えればしょうがないことだと思っていたのですが…。 おっしゃる通り、年相応の認知機能の低下という可能性もあります。ですが、糖尿病の方は認知機能が低下しやすく、認知症を発症しやすいと言われています。薬などによって血糖値がコントロールできておらず、高血糖状態が続いていると認知機能が低下しやすいんです。 そうなんですか!?知りませんでした…。父は認知症になってしまったんでしょうか? 認知症の検査を受けてみないとはっきりとはわかりません。ですが、以下に思い当たることがあれば認知症の可能性があるので、病院で認知症検査を受けてみることをおすすめします。 少し前の出来事をすぐに忘れてしまう 同じことを何度も聞いたり話したりする 今日の日付が言えなくなったり、今の季節がわからなくなる 役所の手続きやATMでのお金の出し入れができなくなる 道具や家電の使い方がわからなくなる イライラしたり怒りっぽくなる 「同じことを何度も聞いたり話したりする」「道具や家電の使い方がわからなくなる」というのが当てはまっています。もしかしたら、認知症になってしまったのかも…。 認知症は早期の治療が大切です。まずは糖尿病の治療と合わせてかかりつけ医に相談してみてくださいね。 インスリン・認知症の対応できる老人ホーム・介護施設を探す インスリン注射は在宅介護サービスを使うか老人ホームに入れば解決 インスリン自己注射ができなくなったのは、認知症の可能性も… pre { margin: 40px 0; background: #333; padding: 20px; color: white; overflow: scroll; line-height: 1.1; } ...

2024/04/24

認知症 施設入居 在宅介護 介護疲れ

認知症の父親が立てる音が耐えられない!机を叩く音にイライラする!

同居している認知症の父が立てる音に悩まされています…。 父はほとんどの時間、リビングにいるのですが、机をバンバンと叩いたり指でコツコツと音を立てるんです。止めるように言っても聞かないですし、ほかの部屋にいても音が聞こえるので気が休まりません。 どうして父は机を叩き続けるんでしょうか?止めさせる方法も教えてください。 (齋藤さん・65歳) もしかしたら、何か伝えたいことがあるのに上手く伝えられないことでお父様がストレスを感じている可能性があります。認知症になると言葉が上手く出てこなくなったり、自分の状態が理解できなくなったりして、伝えたいことを伝えられなくなることがあります。対策としては、お父様のストレスの原因を突き止めて改善すること。コミュニケーションの機会を増やすことで原因がわかり、机を叩く頻度が減る可能性もありますよ。また、クッションを置いたりすることで音が軽減できるでしょう。音の問題は、ご家族にとって大きなストレスになりますよね。なので、耐えきれないと感じたときは在宅介護サービスを利用したり老人ホームに入居するなどして、物理的に距離を取るのもひとつの方法です。 認知症の人が音を立てる原因は? 認知症の父と同居しています。最近、机をバンバン叩いたり指でコツコツと音を立てたりするようになって、止めるように言っても言うことを聞きません。それにわざとかはわかりませんが、扉を勢いよく閉めるので父が部屋を出入りする度に大きな音を出すのも精神的に落ち着きません。そんな状況なので、家にいても気が休まらなくてイライラしっぱなしで…。父が音を立てるのを止めさせる方法はありませんか? お父様が音を立てるのを防ぐには、まずは音を出してしまう原因を考えてみることが大切です。どういった音を立てるのかによって原因が異なるので、まずは具体的な騒音とその原因についてお話ししましょう。 足音などの生活音 「音を立てる」と言っても音にはいくつか種類があります。まず、生活音について考えてみましょう。生活音というと、次のようなものです。 テレビの音 ドアを閉める音 足音 こうした生活音が大きくなってしまう原因は、耳が遠くなったことで周囲への配慮ができなくなったことだと考えられます。特に、耳が遠くなったご高齢者の多くがテレビの音が大きくなる傾向があります。耳が遠くなると音が大きくなっても気づきにくいですから、自然と生活音が大きくなってしまうんです。 確かに、父は耳が遠くなってきたような気がします。テレビの音も大きいし、ドアを開け閉めする音も気が付かなくなったのかな… 大声などの意図的な音 認知症の人が意図的に出す音に悩まされるケースは少なくありません。意図的に出す音とは次のようなものです。 机などの物を叩く 大声 ひとりごと 大声やひとりごとは今のところありませんが、机を叩くのは本当に止めてほしいですね。 意図的な音の原因としては、さびしさやストレスである可能性があります。 さびしさやストレスですか?父がそんなことを感じているように思えないのですが…。 認知症の影響で上手く会話ができなくなると、ご家族や周囲の人とコミュニケーションを取る機会がぐっと減りやすいです。特に言葉が出てこなくなると、同じ家にいるのに会話をしないという状況も増えてくるかもしれません。そうした状況にさびしさを感じて、机を叩いたりしてご家族の気を引こうとしている可能性があります。 北野室長が言う通り、父は認知症が進んであまり会話ができない状況です。言われてみれば、私も父が何を考えているのかわからなくなってコミュニケーションを取るのを避けていたかもしれません…。 会話ができなくなると、コミュニケーションが難しくなりますよね…。お父様は認知症の影響で言葉が出なくなっているかもしれません。加えて、認知症によって自分がどんなことを感じているのかがわからなくなることもあるので、さらに自分の思いを伝えられなくなる傾向があります。そうした、上手く伝えられないストレスから机を叩いている可能性もありますね。 認知症の人が立てる音の対策は? 父が音を立てる理由がわかった気がします。でも、どうしたら父の騒音を止めさせられるんでしょうか? それぞれの音の原因がわかったので、それに対応する策をとっていきましょう! 足音などの生活音への対策 例えば、テレビの音が大きい場合は、集音器や補聴器を身に着けたり、テレビ用スピーカーを使って周囲に音が漏れないようにしましょう。ドアを閉める音が大きいときは、ドアのふちにクッションをつけるのがおすすめ。テープ式でドアのふちに貼り付けるものや、ゴムでできた小さなクッションシールタイプもあります。クッションを貼るだけでもだいぶ音が小さくなると思いますよ。足音対策には防音マットが良いでしょう。今使っている絨毯やカーペットの下に敷くタイプのものや、防音マット自体が絨毯として使える物もあります。 ドアのクッションは良いですね。そんな便利なものがあるとは知りませんでした!さっそく購入してみます。 大声などの意図的な音への対策 机を叩くなど、認知症の人が意図的に出す音に関してはクッションをつけたりして防音対策するだけでは難しい部分があります。というのも、意図的な音は認知症の症状から来るものなので、その原因を解決する必要があるためです。 原因というと、さびしさやストレスということですよね? おっしゃる通りです。具体的な対策としては、コミュニケーションの機会を増やすこと。認知症の影響で言葉が出にくい状況であっても、お父様の反応をよく見て双方向のコミュニケーションを心がけましょう。すぐに上手くコミュニケーションが取れるようにならないかもしれませんが、徐々にお父様が感じていることや伝えたいことがわかるようになってくるはずです。「自分の話を聞いてくれている」とお父様が感じるようになると、机を叩く頻度も減ってくると思いますよ。 耐えきれないときは物理的に離れよう 音の問題はご家族のストレスになりやすいので、もしお父様が出す音が耐えきれないと思ったときは、物理的に距離を取るのもひとつの方法です。 「物理的に距離を取る」とはどういうことですか? 例えば、在宅介護サービスを利用したり老人ホームに入ることです。具体的にお話ししていきますね。 在宅介護サービスを使う 在宅介護サービスとは、ご自宅で介護を受けているご高齢者が利用できる介護サービスです。さまざまな種類のサービスがありますが、物理的に距離を取る場合に活用できるのは以下の3種類です。 デイサービス ショートステイ 小規模多機能型居宅介護 デイサービスとは、介護施設に通って入浴や食事、レクリエーションといったサービスを受けられるもの。デイサービスの利用時間が半日ほどあるので、その時間は介護から離れられます。また、ショートステイは介護施設に1日から宿泊できるサービス。宿泊している間は身の回りのことをすべて施設に任せられるので、ご家族のリフレッシュのためによく利用されるサービスです。 家族のリフレッシュのためのサービスがあるんですね!ぜひ利用したいな…。 小規模多機能型居宅介護はデイサービスとショートステイ、訪問介護の3つのサービスを組み合わせたものです。1つの施設ですべてのサービスを提供しているので、「デイサービスの後にショートステイ」といった使い方もできます。音の問題から離れられるだけでなく、お父様の状態が変化した場合でも柔軟なサービス利用ができるのが魅力です。 老人ホームに入る 父が出す音がうるさいからって、それだけで老人ホームに入れるなんて気が引けるんですが…。介護する側がストレスを感じているだけで老人ホームに入れることって、あまりないですよね? 老人ホームに入る人の中には、ご家族のストレスや負担が大きくなったことがきっかけになったケースも珍しくありません。在宅介護はご家族の心身の負担が大きいです。在宅介護のストレスでご家族が体調をくずしてしまっては元も子もないですから、負担を軽くするために老人ホームに入居することはけして悪いことではありませんよ! そうなんですね…。老人ホームってよくわからないんですが、どんなものがあるんでしょうか? 老人ホームにはいろんな施設があります。例えば、以下のようなものがありますよ。 有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅 グループホーム 有料老人ホームには、「住宅型有料老人ホーム」と「介護付き有料老人ホーム」があります。どちらも介助が必要な人を受け入れていますが、介護付き有料老人ホームには介護スタッフが24時間常駐しているので、こちらの方が介護が充実している施設です。サービス付き高齢者向け住宅は、基本的には元気な人が入居する施設。介護が必要な場合は外部の介護サービス事業者と契約をしてサービスを受ける必要があります。グループホームは、認知症の人限定の施設。お体が元気な認知症のご入居者が助け合いながら生活している場所です。掃除や料理などの家事もご入居者が協力しておこなっているのが特徴です。認知症ケアが充実しているので、お体が元気であれば認知症の人におすすめの施設です。 本当にいろんな施設があるんですね…。北野室長の言う通り、父が出す物音や介護にストレスが溜まっていました。そろそろ老人ホームに入れることも考えた方が良いのかもしれませんね。 認知症の人が立てる音は、生活音と意図的な音がある 生活音は耳が遠くなったこと、意図的な音はストレスが隠れていることも 認知症の人の音に耐えきれないときは介護サービスを使って物理的に離れよう pre { margin: 40px 0; background: #333; padding: 20px; color: white; overflow: ...

2024/04/17

施設探し 施設入居

老人ホームの見学で必要な持ち物はありますか?見学ではどんなことをするのでしょうか?

高齢の父が入る老人ホームを探しています。今週末、老人ホームの見学に行くのですが、何か持ち物はあるでしょうか?初めて老人ホームの見学に行くので心配です。 (岡部さん・パート・55歳) 老人ホームに見学に行く際は、特別な持ち物は必要ありません。ですが、施設担当者の説明を記録しておくためにメモ帳と筆記用具を持っていくことをおすすめします。もし、見学中に確認したいことがあるなら事前にチェックリストを作っておき、持っていくと良いでしょう。見学時は、施設の設備やサービス、雰囲気もよく確認しておきましょう。見学する施設が1ヵ所だけだとその施設の良し悪しがわかりにくいので、最低でも2ヵ所は見学するのがおすすめ。余裕があれば3~4ヵ所の見学ができると良いですね。 老人ホームの見学時の持ち物は? 今週末に老人ホームの見学予約をしました。父が入るための施設を探しているのですが、老人ホーム探し自体が初めてで、施設に見学に行くのも初めてです。老人ホームに見学に行くときに必要な持ち物はありますか? 老人ホームの見学時には、特別な持ち物は必要ありません。ですが、見学中の説明や感じたことなどをメモするためのメモ用紙と筆記用具を持っていくと便利ですよ。老人ホームの見学の際に持っていくと便利なものを次にまとめました。参考にしてください。 メモ・筆記用具 確認したいことリスト メジャー カメラ 「確認したいことリスト」とは何ですか? 老人ホームにお父様が入居するにあたって、事前に確認しておきたいことがあると思います。例えば、費用やサービス内容、医療行為の受け入れ状況などです。見学時に聞きもらしがないように、あらかじめチェックリストを作っておくことをおすすめしています。また、居室にタンスなどの家具類を持ち込む場合は、居室に置けるスペースがあるかどうか確認することも大切。いざ入居の段階になって「タンスが入らない!」と慌てないように、居室と出入口の広さをメジャーで測っておくとスムーズに引っ越しできますよ。 なるほど。確かにタンスは持っていきたいですね。 居室や共用部の撮影を施設側が許可してくれることもあります。撮影しておけば、あとで見返したり、ほかのご家族に写真を見せながら説明もできますので、撮影しておくと意外と便利です。もちろん、わざわざカメラを持っていかなくてもお手持ちのスマートフォンでもOKですよ。 見学ではどんなことをする? 老人ホームの見学が初めてなので、よくイメージできていません。老人ホームの見学ってどんなことをするんでしょうか? 老人ホームの見学では大きく分けて2つのことをします。それは、「共用部・居室の内覧」と「サービス・費用の説明」です。共用部・居室の内覧では、実際に入居する居室やモデルルーム、リビングなどの共用部を見て回ります。ただ、居室が満室の場合は実際の部屋を見られないこともあります。 居室が見れないこともあるんですね!でも、満室ならしょうがないか…。 満室の場合は、モデルルームを見学するか、写真などで案内されるケースが多いです。サービス・費用の説明では、施設担当者から提供している介護・医療・生活サービスや費用について詳しい説明を受けます。パンフレットなどではわかりにくいことも詳細に説明してもらえますよ。もし、認知症や医療行為の受け入れ状況などを確認したい場合は、このタイミングで聞いてみると良いですね。 父は認知症です。確かに、施設の人によく聞いておかないといけないですね。 また、施設によってはパンフレットに記載されているとは別に追加費用が発生することも。追加費用はないか、ある場合はどういった理由で発生する費用なのかも聞いておくことも大切です。「思った以上にお金がかかる」と入居後に後悔するケースも少なくないので、事前にしっかり聞いておきましょう。 パンフレットに記載されている以上のお金がかかることがあるんですね!それは事前に確認しておかないと…。 見学でチェックしたいポイント 老人ホームの見学では、どんなところに注目すれば良いんでしょう?チェックしておいた方が良いポイントを教えてください。 はい、もちろんです!主には以下の3つのポイントに注目しましょう。 設備 サービス 雰囲気 設備 居室や共用部などの設備は、確認しておきたいポイントです。まず、居室は以下の点を確認しましょう。 トイレや洗面所置 日当たり 持ち込める家具類 レンタル家具の費用 老人ホームのなかにはトイレや洗面所が居室になかったり、トイレがカーテンで仕切られているだけの場合があります。長く住む部屋になるので、よく確認しておきましょう。また、共用部の設備も重要。特に入浴設備がお父様の身体状況に合っているかを確認してください。足腰が弱って浴槽をまたげないのに、一般家庭と同じ設備の「個浴」しかない場合は入浴ができない可能性があります。個浴と椅子に座ったまま浴槽に入れる「チェアーイン浴」、横になったまま入浴できる「寝台浴」の3種類がそろっている施設が理想。この3種類があれば身体状況が変化しても入浴を楽しめるからです。 サービス サービスについては、先ほどもお話ししたように介護・医療・生活サービスについて確認しましょう。特にインスリン注射などの医療行為が必要だったり、認知症である場合は受け入れ可能なのかを必ず事前に聞いておきましょう。認知症自体の受け入れはしていても、症状によっては受け入れできないこともありますので要確認です。 認知症の受け入れが可能だとパンフレットに書いてあったので見学予約をしたのですが、受け入れてもらえない可能性もあるんですね…。よく確認しておかないと。 それと、リハビリをしたい場合はリハビリ体制についても確認が必要です。理学療法士や作業療法士といったリハビリ専門職によるリハビリを提供している施設もあれば、一般の介護スタッフによる介護予防体操のみ提供している施設もあります。リハビリについては施設によってまちまちなので、見学時に聞いておくことをおすすめします。 雰囲気 漠然としてしまいますが、施設の雰囲気も見学のときに確認しておきましょう。雰囲気はほかのご入居者の要介護度や認知症の状況、働いているスタッフなどで大きく異なります。また、レクリエーションを活発にしているのかどうかなども施設によって方針が異なるんです。 そうなんですね。でも、雰囲気ってあいまいなのでやっぱり判断しにくいというか…。 そうですよね。例えば、お父様が入居してこの施設で穏やかに暮らしているところをイメージできるか、をひとつの判断基準にしてみるのも良いかもしれません。長く暮らしていく場所ですから、馴染めるかどうかはかなり重要です。 複数の老人ホームを比較検討しよう 老人ホームを探している方に私が必ずお伝えしていることがあります。それは「複数の老人ホームに見学に行ってほしい」ということ。2ヵ所以上の老人ホームを見学してほしいんです。 今週末に見学する老人ホームしか見学するつもりはありませんでした。なぜ複数の老人ホームに見学に行った方が良いんですか? 見学するのが1施設だけだと、「老人ホームってこういうものなんだ」と思ってしまうからです。老人ホームは多くの方が思っているよりも多様で、複数の施設を見学するとその違いがわかりやすいです。複数の施設を見学すれば、「こっちの施設はほしいサービスがあるんだけど、費用が高いな」「あっちの施設は安いけど、このサービスをしてくれないのか」といった比較ができますよね。でも、1施設しか見学していないと、「老人ホームはこういうサービスをしてくれないものなんだ」と諦めなくて良いことを諦めて後悔する可能性もあります。 なるほど、そういう意味なんですね。たくさんの老人ホームを見学すれば、希望に合った施設が見つかるということでしょうか? いえ、たくさんの老人ホームを見学しても逆に迷ってしまいますし、どの施設がどんなサービスだったかわからなくなってしまう可能性もあります。おすすめの見学数は3~4施設。必須の条件を満たしている施設をパンフレットやネット上の情報で絞り込んでから、3~4施設を見学すると良いでしょう。もし、たくさんの老人ホームがあって絞り込むのが難しい場合は、ぜひ「いい介護」を使ってみてください。医療行為などの希望条件を指定して検索もできますよ。 老人ホームに入居するまでの流れを確認したい場合は、以下にて詳しく確認しています。参考にしてくださいね。 見学時はメモや確認することリスト、メジャーなどを持っていこう 見学では共有部・居室の見学とサービス・料金の説明がおこなわれる 老人ホームは2~4施設を見学して比較しよう pre { margin: 40px 0; background: #333; padding: 20px; color: white; overflow: scroll; ...

2024/03/29

認知症 介護のお金

認知症の母親の通帳を預かっていてもOK?銀行にバレたら口座を凍結されてしまいますか?

認知症の母が実家で一人暮らしをしています。先日、帰省した際に、よくわからない健康食品を定期購入していることがわかりました。しかし、母に健康食品のことを聞いても、「もしかしたら買ったのかも」とあいまいで…。 そのため、これまでお金の管理は母に任せていたのですが、私が母の通帳やキャッシュカードを預かることに。母の生活費や医療費は私が立て替え、あとで母の口座から引き出すことにしました。 銀行に母が認知症だと知られると口座が凍結されると聞いたのですが、私が通帳を預かっていても大丈夫でしょうか? (岡部さん・パート・55歳) 確かに、お母様の判断能力が低下していると銀行が知った場合、お母様の口座が凍結される可能性があります。もし、口座を凍結されてしまったら成年後見制度を利用するしかありません。しかし、成年後見制度にはデメリットがあるので、口座が凍結される前の対策をおすすめします。銀行の「代理人指名システム」を利用したり、任意後見制度や家族信託制度を活用することで口座凍結を予防できますよ。 認知症の親の通帳を預かるリスクは? 実家で一人暮らしをしている母が認知症が悪化したせいか、お金の無駄遣いが増えてきました。先日はよくわからない健康食品を定期購入していたので母に聞いてみたら「もしかしたら買ったのかも」とあいまいな返事で…。すぐにその健康食品は解約し、私が母の通帳とキャッシュカードを預かってお金を管理することに。私が生活費などは立て替え、あとで母の口座からお金を引き出しています。が、銀行に母が認知症と知られたら口座を凍結されると聞きました。このまま母の通帳とキャッシュカードを預かっていても良いのでしょうか? お母様の通帳とキャッシュカードを預かっているだけなら問題はないと思いますが、お母様の口座からお金を引き出している場合、以下のようなリスクがあります。 罪に問われるリスク 親族トラブルのリスク 口座凍結のリスク 罪に問われるリスク えっ!?母の口座からお金を引き出すと罪に問われることがあるんですか? あくまでお母様のお金を私的に利用していた場合です。基本的に口座のお金はご本人でないと出金できないとされていますが、生活費や医療費など、ご本人が使うためにご家族が引き出すのはOKとされる場合が多いです。もちろん、お母様のためではなく、ご家族が自分の生活費や交際費などに使ってしまう場合は窃盗罪や横領罪に問われる可能性があります。 「罪に問われる」と聞いてドキドキしました。もちろん母の生活費に使っているので、問題なさそうですね。 親族トラブルのリスク 注意していただきたいのが、ご親族間でのトラブルです。岡部さんがお金を管理していることをご親族が承知していない場合、のちにトラブルにつながる可能性があるんです。 どういうことですか? 将来的にお母様が亡くなった場合、相続が発生しますよね。その際に、当然ですがお母様の口座の貯蓄も相続対象となります。岡部さんが管理している期間に使用用途がはっきりしない出金があると、ごきょうだいなどの相続人とトラブルが起こる可能性があります。また、岡部さんがお母様のお金を使い込んでいると思い込んだご親族が、銀行にお母様が認知症であることを知らせると口座が凍結される可能性もあります。 そんなことがあるんですね!一応、きょうだいには私が母のお金を管理していることは伝えてあります。トラブルを避けるために、使ったお金をはっきりさせておくことが大切そうですね。 口座凍結のリスク やっぱり、口座が凍結されるリスクはあるんですね おっしゃるとおりです。口座名義人の意思能力が低下していると判断した場合、その人の財産を守るために銀行が口座を凍結することがあります。凍結されると、出金や定期預金の解約・契約、キャッシュカードの再発行など、さまざまなことができなくなります。銀行が意思能力が低下していると判断している基準は次の通りです。銀行によって異なることもありますが、概ね以下のポイントと考えて良いでしょう。 口座名義人ご本人が窓口まで来られるか 名前・生年月日を言えるか 署名を直筆でできるか うーん、たぶんまだ母は大丈夫だと思います。この3つのことができなくなったら、すぐに口座が凍結してしまう、ということですね。 いえ、ご本人が窓口で手続きする必要がある場合や、ご家族からお母様が認知症と申告がなければ銀行側は判断しようがありません。ただ、だからといって対策をしておかないといざというときに口座が凍結されてしまって困る可能性がありますから要注意です。 認知症の親の口座凍結を解除する方法は? もし、母の口座が凍結してしまったらどうしたら良いんでしょう?母の生活費すべてを支払えるほどお金に余裕がなくて…。 万が一、お母様の銀行口座が凍結されてしまったら、現状は法定後見制度を利用して解除するしか方法はありません。法定後見制度とは成年後見制度のひとつで、認知症などで判断能力が低下した人の代わりにご本人の財産を管理する後見人を立てるもの。ご家族が後見人となることもできますが、家庭裁判所がふさわしくないと判断すれば弁護士などの専門家が後見人になることもあります。 家族が後見人になれないこともあるんですね! はい。弁護士を成年後見人とする場合は、毎月報酬が発生します。総資産額にもよりますが、月2~5万円かかるとされています。 お金がかかるのかぁ。それは嫌ですね。銀行口座を凍結されないように対策しておいた方が良さそう…。 認知症の親の口座凍結を予防する方法は? 認知症の母の銀行口座が凍結されないようにするには、どうしたら良いんでしょう? お母様の銀行口座の凍結を防ぐためには、以下のような対策が考えられます。 銀行のサービスを利用する 任意後見制度を利用する 家族信託制度を利用する 銀行の代理人指名サービスを利用する 銀行には口座名義人ご本人が手続きができなくなった場合に備えて、ご家族などが代理で入出金ができるようになる「代理人指名サービス」があります。代理人指名サービスとは、ご本人の意思能力が低下したときに代わりに銀行手続きができるように代理人を登録できるものです。 そんなサービスがあるんですね! ただ、代理人指名サービスはご本人が既に意思能力が低下している場合には利用できません。どういった状態だと意思能力が低下していると判断するのかは銀行によって異なるので一概には言えないのですが…。代理人指名サービスでご家族を登録しておけば、入出金や通帳の再発行などもご家族ができるようになります。 任意後見制度を利用する 任意後見制度は、ご本人が判断能力があるうちに信頼できるご家族と財産管理などをしてもらえるように契約を結んでおく制度です。これも法定後見制度と同じく、成年後見制度のひとつです。法定後見制度と異なるのは、法定後見制度が認知症などで既に認知機能が低下した方の後見人を立てる制度であるのに対して、任意後見制度はごご本人の認知機能が低下する前に後見人を立てておく点です。法定後見制度ではご本人の判断能力が低下している状態のため、ご本人が後見人を選ぶことは難しいです。ですが、判断能力が低下する前の任意後見制度であればご本人が信頼できる人を後見人として選べるんです。 つまり、法定後見制度では家族以外の弁護士さんが後見人になる可能性があるけど、任意後見制度であれば家族が後見人になれるということですね。 それに、後見人の権限をご本人が決めることも可能です。法定後見制度では基本的には後見人の権限は法律で定められています。一方で、任意後見制度ではご本人の希望で後見人に依頼することを決められます。例えば、財産管理や介護施設の入居などの契約といったことです。ご本人の希望に合わせて後見人の権限を変えられるのが、任意後見制度の使いやすいところですね。ただ、次にお話しする家族信託制度よりも手続きが煩雑なのが難点です。 家族信託制度を利用する 家族信託制度とは、ご本人が元気なうちにご家族に財産管理を任せる契約ができる制度です。家族信託をすると信託用の口座を新しく開設し、その口座にご本人のお金を移動させます。この制度を利用すれば、信託用の口座をご家族名義で作るので、ご本人が認知症によって判断能力が低下した場合でも口座凍結されることはありません。家族信託制度では介護施設の入居などの生活に関わる契約をおこなえませんが、お金の管理の点では柔軟な対応ができるのがメリットです。 なるほど。母の口座凍結を防ぐにはいくつか選択肢があるんですね。どれも一長一短ありそうなのでよく検討してみます。 認知症の親の通帳を預かって出金していると罪に問われたり親族トラブルのリスクがある 口座の凍結を解除するには成年後見制度を利用しよう 口座の凍結を防ぐには、銀行の代理人システムや家族信託制度を利用しよう pre { margin: 40px 0; background: #333; padding: 20px; color: white; overflow: scroll; line-height: ...

2024/03/28

認知症 在宅介護

認知症の親がお風呂に入らないのはなぜ?1ヵ月以上も入浴していないので、どうにか入れたいです!

認知症の父がお風呂に入らなくなって困っています!父は実家で一人暮らしをしています。これまでは問題なく一人暮らしができていたのですが、この2~3ヵ月はお風呂にほとんど入らなくなって…。 ついこの間まではきちんと毎日入っていたのに、1~2週間に1度に減り、半月に1度に減り…。さらに、先日、帰省したときには2ヵ月近くお風呂に入っていないことがわかったんです。髪の毛はフケだらけだし、皮膚は乾燥して白くなっているし、ひどい状態。でも、いくら私がお風呂に入るように言っても入ろうとしません。 どうにか父が入浴してくれる方法はないでしょうか?また、どうして父は頑なにお風呂に入ろうとしないのでしょうか? (小原さん・会社員・53歳) 認知症の方が入浴しないのにはいくつか理由が考えられます。例えば、認知機能の低下によって入浴の必要性や入浴の仕方がわからなくなってしまった可能性もあります。ご家族としては、どうにかしてお父様を入浴させたいと思うでしょうが、無理強いはNG。「一番風呂に入ろうよ」「背中を流すよ」など、お父様が入浴したいと思えるような声掛けをしてみましょう。ご家族で対応が難しいと思ったら介護のプロに任せるのもアリ。デイサービスやショートステイを利用したり、老人ホームに入居して介護のプロを頼るのもひとつの手です。 認知症の親がお風呂に入らない!なぜ? 実家で一人暮らしをしている認知症の父が、急にお風呂に入らなくなってしまいました。以前は毎日入っていたのに、1~2週間に1度に減り、1ヵ月に1度に減り…。この間、帰省したときには2ヵ月近く風呂に入っていないようでした。髪の毛はフケだらけでボサボサだし、皮膚は乾燥して白くなってるし…。それなのに私が何度言ってもお風呂に入ろうとしないんです。なぜ父は頑なにお風呂に入ろうとしないんでしょうか? 認知症の方が入浴をしないのは、いくつか理由が考えられます。例えば、以下のような理由です。 入浴を必要だと思っていない 入浴が面倒くさい 入浴の仕方がわからない 介助されたくない 入浴・浴室に悪いイメージがある 入浴を必要だと思っていない 入浴は必要ですよね?今なんてフケだらけで汚いし…。 認知症になると、自分の状態を客観的に理解できなくなる場合があります。つまり、自分がフケだらけであることがわからなかったり、フケだらけであることが汚い状態だと理解できないんです。また、認知症によって記憶障害が起きていると、前回の入浴がいつだったか忘れてしまうことも。そのため、実際には何週間も入浴していないのに「昨日、風呂に入った」と思い込んで、入浴を拒否することもあります。 父も「昨日、風呂に入ったから今日は入らない」と言って入浴しようとしないんですよね。そういうことだったんだ…。 認知症の影響で髪を洗わない方については、以下のご質問でも詳しくお話ししています。参考にしてください。 入浴が面倒くさい これは認知症の方以外にも当てはまることですが、入浴が面倒くさくて拒否をしていることもあります。特に高齢になると体を動かすのが難しくなって、服の脱ぎ着や体を洗ったりするのが億劫に感じやすくなります。そういった理由から、面倒くさくて入浴を嫌がっている可能性もあります。 入浴の仕方がわからない この間まで1人でお風呂に入っていたのに、入浴の仕方がわからないなんてことがありますか? 認知症の症状のひとつに「失行」というものがあります。これは、それまでできていたことができなくなること。認知症が進行して脳の機能が低下した結果、当たり前にできていたことができなくなってしまうんです。入浴の仕方がわからないと1人で入浴できなくなりますし、やり方がわからないことを自主的にやろうとは思わないのは自然なことかもしれません。 介助されたくない もしかしたら、入浴介助をされたくないと思っている可能性もあります。実際は介助の必要があったとしても、認知症の影響でそれがわからなくて介助を拒んでいることもあるんです。 そんなことがあるんですね。父も、1人では入ろうとしないから私が介助しようと思っていたんですが…。 入浴・浴室に悪いイメージがある 入浴や浴室に嫌なイメージがあると、お風呂に入ることを嫌がる場合があります。例えば、無理矢理、入浴させられたり急に服を脱がされたりしたことが頭に残っていて、それが入浴や浴室の嫌なイメージに繋がっていることがあるんです。 そんなことがあるんですね…。でも、認知症になると忘れっぽくなるから、嫌なことがあっても忘れてしまうんじゃないですか? いえ。それが、記憶がなくなっても嫌なことがあったという感覚は残ると言われています。そのため、浴室や脱衣場に入ると嫌な感覚がよみがえって、入浴を拒否するケースもあるんです。 認知症の親がお風呂に入らないときの対策 父がお風呂に入らない理由がわかったような気がします。でも、どうやったら父が入浴してくれるようになるんでしょうか? 大切なのは、お父様ご自身が入浴に納得していることです。1ヵ月以上もお風呂に入っていないと、ご家族としてはすぐにでも入浴させたいところだと思います。が、だからといって無理矢理、入浴させようとしたりするのはNGです。また、1人で入浴できないからと必要以上に介助をしてしまうのもNG。お父様の自尊心を傷つけてしまうことになります。お父様が1人ではできないところだけを手伝うようにしましょう。 効果的な声かけ・誘導の例 嫌がっている場合、入浴することに納得してもらうまでが大変だと思います。そこで、効果的な声かけや誘導方法の例をお伝えします。必ずしもこの声かけで入浴してくれるとは限りませんが、参考にしてみてください。 「一番風呂だよ」 「今日はゆず湯だよ」 「温泉に入ろうか」 「背中を流すよ」 「明日、病院だからきれいにしよう」 どの声かけも、「お風呂に入って!」と直接うながすものではないんですね。 そうですね。先ほどお話しした通り、入浴を無理強いするのは良くありません。また、「体が汚いからお風呂に入って!」といった声掛けも、お父様の自尊心を傷つけたり、「汚れてない!」と強い反発を招いてしまうことがあるのでNGです。もともと入浴が嫌いな方でなければ、お風呂場に行ってお湯の入った湯船を見せることでお風呂に入りたくなることもあります。もしくは、桶にお湯を張って簡易的に足湯をしてみると気持ちが乗って入浴できることも。「せっかくお湯を沸かしたからお風呂に入ってみる?」と提案するような形で声かけしてみるのも良いかもしれません。 介護サービスを利用しよう ご家族がさまざまな手を尽くしても入浴できなかったり、忙しくて入浴するまで付き添えない場合は介護のプロの手を借りましょう。例えば、以下のような方法があります。 訪問介護を利用する デイサービス・デイケアを利用する ショートステイを利用する 老人ホームに入居する 在宅介護サービスのなかでは、訪問介護、デイサービス、デイケア、ショートステイで入浴介助を受けられます。訪問介護ではご自宅のお風呂で介護スタッフのサポートを受けながら入浴できますし、デイサービス、デイケア、ショートステイでは、介護施設の浴室を利用して入浴できます。特にデイサービスは、入浴目的で利用している方も多くいます。介護施設はバリアフリーになっていてご高齢者が使いやすい配慮がされているので、ご自宅よりも安心して入浴できると思いますよ。 確かに。実家のお風呂は狭くて寒いし、浴槽が高いので父がまたぎにくくなっているんですよね。安全面でも在宅介護サービスを使うのは良いのかも。 また、ご家族の介護の負担が大きい場合は老人ホームに入居するのもひとつの手。特に認知症の方の一人暮らしはご家族としても不安がありますよね。お風呂の問題だけではなく、お父様の生活全体の安全を考えると老人ホームへの入居も検討して良いと思いますよ。 そうなんですよね。父の認知症が進んでいて、そろそろ一人暮らしは厳しいかな、と思っていました。老人ホームも考えてみようかな…。 入浴の必要性がわからない、入浴介助されたくないなどの理由で入浴しないことも 入浴拒否があっても無理強いはNG。お風呂を楽しめるような声掛けをしよう 家族が入浴介助が難しいときは、介護サービスを活用して介護のプロを頼ろう pre { margin: 40px 0; background: #333; padding: 20px; color: white; ...

2024/03/27

認知症 施設入居 在宅介護

認知症の母の被害妄想がひどくて耐えきれません!ご近所にも言いふらすので困っています

同居する母の被害妄想がひどくて困っています…。母が1年ほど前に認知症と診断されてから、私と父で介護をしています。最近、被害妄想がひどくて大変なんです。 例えば、父が買い物に出かけると「ほかの女に会いに行っている」と浮気を疑ったり、急に「私なんて死ねば良いと思ってるんでしょ!」と怒鳴り散らしたり…。家で騒いでいるだけならともかく、その妄想を近所の人に話すんです。まるで私たちが母を雑に扱っているような言い方をしているようです。 こんな状況が続いて私も父も精神的に参っています。どうにかなりませんか? (水谷さん・会社員・61歳) もしかしたら、認知症の進行によって被害妄想が出てしまっているのかもしれません。認知症の症状のひとつに被害妄想があり、「物取られ妄想」「見捨てられ妄想」「嫉妬妄想」といったものがあることがわかっています。もしお母様が事実無根の被害妄想を話しているときは、否定しないで聞く、距離を取る、自尊心を取り戻してもらう、といった対応をしましょう。忙しくて余裕がないときは難しいかもしれませんが、お母様の不安がなくなると徐々に妄想も減っていくと思いますよ。 認知症による被害妄想の例 認知症の母を父と一緒に介護しています。その母が最近、被害妄想のようなことを言うようになって困っています。例えば、父が買い物などで出かけると「ほかの女に会いに行った」と浮気を疑ったり、急に「私なんて早く死ねば良いと思っているんでしょ!」と怒鳴り散らすこともあるんです。もちろん、どちらも事実無根です。家の中で言っているだけならまだ良いのですが、そういう妄想をご近所にも言いふらすようになって…。まるで、私が母をいじめているような言い方をしているようなんです。こんな状況が続いて、私も父も精神的に参ってしまって。どうして母は変わってしまったんでしょうか…。 それは大変な状況ですね…。もしかしたら、認知症の進行によって被害妄想が出てしまっているのかもしれません。 認知症が悪化すると被害妄想が出てくるんですか? 認知症の症状は千差万別なので、すべての方に被害妄想が出るわけではありません。が、認知症の症状のひとつに被害妄想があることがわかっているんです。認知症による被害妄想には、主に以下のようなものがあります。 物盗られ妄想 見捨てられ妄想 嫉妬妄想 迫害妄想 物盗られ妄想 物盗られ妄想はその名の通り、「誰かに物を盗まれた」と思い込む被害妄想です。認知症の方の多くに出る物忘れが関係しているとされています。財布などの大切なものを盗まれないようにどこかにしまっておき、その後にしまった場所がわからなくなって「誰かに盗まれた」と思い込むのが基本的な流れです。犯人にされるのはご家族が多く、特にメインに介護をしている方に疑いを向けるケースがよくあります。 まだ、うちの母は物取られ妄想はありません。でも、母も物忘れが激しいので、物取られ妄想が起こる可能性はあるんですね。 見捨てられ妄想 「家族に捨てられる」と思い込むのが見捨てられ妄想です。認知症になって介護を受けている方には、「家族の負担になっている」という負い目があり、その負い目から「家族に捨てられるんじゃないか」と妄想が起こってしまうとされています。 母も私たちに負い目を感じているんでしょうか…。「私が早く死ねば良いと思っているんでしょ!」と母が言うのは見捨てられ妄想なのかもしれませんね。 嫉妬妄想 もしかして、母が父の浮気を疑っているのは嫉妬妄想なのでしょうか? おそらく当てはまると思います。嫉妬妄想はお母様のように、配偶者やパートナーが浮気をしていると思い込むこと。なんの根拠もなく、相手の浮気を疑ってしまいます。また、自分と同性の人と配偶者が軽く世間話をしただけでも「あの人が浮気相手だ」と思い込んでしまうこともあるんです。例えば、お母様の送迎のために訪問したデイサービススタッフとお父様がちょっと話をしただけで、そのスタッフとお父様が浮気していると思い込んでしまうということです。 そんなこともあるんですね!母の場合は、具体的な誰かと父が浮気していると疑っているわけではないと思いますが…。父と女性が会話しているところを母に見せない方が良さそうですね。 迫害妄想 迫害妄想は「殴られた」「悪口を言われた」というような、自分に攻撃を与えられたと思い込むことです。事実無根のことだとしても、事情を理解していない人がこの妄想を聞いてしまうと虐待を疑われてしまう可能性もあるのが、この妄想の大変なところです。 そうなんです!母は近所の人に「娘に殴られている」と言いふらしているらしく…。ご近所の人に虐待を疑われているかも…。 被害妄想への対応方法 認知症の被害妄想が母に当てはまることがよくわかりました。でも、この被害妄想にどうやって対応していけば良いのか…。 被害妄想があると、ご家族が精神的に参ってしまいますよね。例えば、以下のような対応をしてみるのはどうでしょうか? 否定しないで聞く 話に共感する 自尊心を取り戻してもらう 距離をとる 1人で抱え込まない 否定しないで聞く 認知症による被害妄想の原因は、ご本人が不安を感じていることだと言われています。なので、普段の生活のなかで不安を減らしてあげることが大切です。例えば、お母様の話を否定しないで聞くこと。認知症によって記憶があいまいになったり、理解力が低下します。すると、会話が噛み合わなかったり事実と異なることを言ってしまうことが増えますよね。ただ、それを正そうとして話を否定するのはNG。間違っていることでも、一旦はひと通り耳を傾けましょう。忙しいとなかなか難しいとは思うのですが、「話を聞いてくれている」とお母様が感じるだけでも不安感が軽くなると思いますよ。 話を否定しない、ですか…。確かに、介護と仕事で忙しくて母の話をきちんと聞いていなかった気がします。それに、母の物忘れが激しくなったりトンチンカンなことを言うことも増え、「それは違うでしょ!」とイライラして話を遮ることも多かったと思います。それはいけない対応だったんですね。 自尊心を取り戻してもらう 「自尊心」と聞くと大仰なものに感じてしまいますが、「誰かに必要とされている」という感覚と考えてください。特別なことでなくても良いんです。お母様の得意なことや今まで習慣的にやっていたことを通して、「必要とされている」「自分でもできる」という気持ちを取り戻してもらいましょう。具体的には、洗濯物を畳んだり皿洗いをしたり、料理が得意な人であれば味見を頼んだり…。家庭のなかで役割を持ってもらうと良いでしょう。そして、役割を果たしたときに「ありがとう、助かったよ」と感謝の気持ちを言葉で伝えることも忘れないでください。 感謝の気持ち…。母に介助が必要になってから、「ありがとう」なんて言ってなかった気がします。母は料理が好きなので、味見をしてもらうのも良いかな…。 距離をとる ここまでいくつか対応方法をお話ししてきましたが、いろいろ試しても被害妄想が減らなかったりご家族のストレスが大きくなってどうしようもないこともあると思います。そういうときは、距離をとることも大切です。 距離をとる、というと? 例えば、以下のような手が考えられます。状況に応じて対処法を変えると良いでしょう。 別の部屋に移動する ほかの親族に介護を頼む ショートステイを利用する 介護施設に入居する 被害妄想の矛先になってつい頭に血が上ってしまったときなどは、冷静になるために一時的に別の部屋に移動するのが良いでしょう。また、ほかのご親族などに介護を交代してもらったり、ショートステイを利用することで「介護休み」を作るのもありです。それでも在宅介護を続けられないと感じた場合は、介護施設への入居も検討してください。介護のプロによるケアで被害妄想が落ち着くこともありますよ。 1人で抱え込まない 介護の悩みは1人やご家族だけで抱え込むのはNGです。特にご近所には、お母様の被害妄想で悩んでいることを打ち明けておきましょう。そうすれば、お母様が「娘に殴られた」と言ったときも「認知症の症状が出ているな」と理解してくれるはずです。また、認知症のかかりつけ医やケアマネジャーなどにも相談することが大切。今のお母様の状況はもちろん、認知症による被害妄想でご家族がどういった点で困っているのかも伝えておいてください。認知症薬や介護サービスの利用などによって、ご家族の負担が軽くなるように調整してくれると思いますよ。 ご近所やかかりつけの先生、ケアマネジャーさんにも話をして良いんですね。北野室長の話を聞くまで、母の性格が悪くなっただけだと思っていたので、いろんな人に頼っていきたいと思います。 被害妄想には物盗られ妄想、見捨てられ妄想、迫害妄想などがある 話を否定しない、共感する、1人で抱えこまないといった対応方法がある pre { margin: 40px 0; background: #333; padding: 20px; color: white; overflow: ...

2024/03/15

認知症 介護疲れ

認知症の親を精神病院に入れるかどうか迷っています。症状が悪化して在宅介護しきれません!

同居している母の認知症が進行して手に負えないので、精神病院に入れようか迷っています。こんな理由で入院させて良いものなんでしょうか? 母は、体は元気なんですが、認知症のせいでトイレがわからなくなって廊下でおしっこしたり、夜中に大声で騒ぎながら家の中をうろうろするといった状況です。興奮すると手をあげることもあります。 特に私が仕事でいない時間は父と2人になるため、父の負担が大きいんです。高齢の父には手に負えないので精神病院に入院できないかと思っています。 (塚本さん・会社員・56歳) 「家族による介護が難しいから」という理由で精神病院に入院することはできます。在宅介護サービスを使っても症状に対応できない場合などに、認知症の治療のためにご家族の意思で精神病院に入院させるケースは少なくありません。認知症の治療には、「薬物療法」と「非薬物療法」がありますが、これは病院だけではなく、ご自宅でもできる治療です。そのため、まずはかかりつけ医にご自宅で症状の緩和をする治療ができないかを相談してから入院するかどうかを判断されることをおすすめします。 精神病院で認知症治療の入院が認められるケース 認知症の母の症状が悪化して、私たち家族では手に負えなくて…。トイレの場所がわからなくなって廊下でおしっこするし、夜中に大声で騒ぎながら家の中をうろうろするから眠れないし…。それに興奮すると私や父に手をあげることもあるんです。デイサービスやショートステイを利用しようと思ったのですが、こんな状態なので断られてしまって。どうしようもないので精神病院に入院させるしかないかな、と思っています。こんな理由で入院させて良いのでしょうか? はい。ご家族での介護が難しいことを理由に、お母様が精神病院に入院することは可能です。精神科では入院に関して制度が設けられており、ご本人の了承がなくても入院が可能になっています。具体的には、入院が必要な状況でご家族の同意がある「医療保護入院」や、自傷・他害のおそれがあって都道府県知事の権限が行使される「措置入院」などが当てはまります。例えば以下のような状況の場合、ご本人の同意がなくても入院が認められることがあります。 家族の介護が難しい場合 暴力を振るう可能性がある場合 そのほか医師が入院が必要と判断した場合 家族での介護が難しい場合 塚本さんのご家庭のように、認知症の症状が進行してご家族での介護が不可能になった場合、ご本人の承諾がなくても精神病院への入院が認められることがあります。特に認知症の方による深夜徘徊があると、介護施設でも受け入れを断られることがあります。そうなるとご家族だけで介護をしなければいけませんが、その負担がとても大きいですよね。そのため、入院による治療を目的に入院が認められる場合があります。 これは母に当てはまりそうです。母は、おそらく入院に了承しないでしょうから、家族が同意して入院する「医療保護入院」になりそうですね…。 暴力を振るう可能性がある場合 認知症の症状によって暴力を振るう場合も、入院が認められることがあります。ほかのご利用者やスタッフに暴力・暴言行為をする可能性のある方は、多くの介護施設で受け入れできません。一度、受け入れられたとしても、利用停止や退去を求められるケースも少なくありません。そうした場合には、治療によって症状を落ち着けるために入院治療を認められることが多いです。暴力・暴言行為があるとご家族の負担が大きいので、入院によって距離を置いたり、薬物療法によって症状を緩和するのも良いと思います。 母も興奮すると手をあげることがあるので、それを理由にデイサービスとショートステイを断られてしまいました。やっぱり、入院させた方が良いのかな…。 そのほか、医師が入院が必要と判断した場合 「家族での介護が難しい場合」「暴力を振るう可能性がある場合」以外にも、医師の判断によって入院が認められるケースもあります。具体的には、食事が摂れなくなったり拒否したりする摂食障害が起きている場合や、幻聴・幻覚によって生活に支障が出ている場合などです。 認知症のせいで食事を拒否したり幻覚などが出ることがあるんですね。今のところうちの母にはありませんが、そんな症状が出たら家族で対応するのは大変ですよね…。 病院での認知症の治療内容 もし、母が精神病院に入院するとしたら、どんな治療がおこなわれるんでしょうか? 認知症の治療方法は、「薬物療法」と「非薬物療法」に分けられます。詳しくお話ししますね。 薬物療法 認知症の薬は、主に4種類あります。効果としては、脳内の神経伝達を助けたり精神を落ち着けることで、認知症の進行を遅らせたり症状を抑えることを目的としています。認知症の薬ではあるのですが、認知症を完治させる薬はまだないのが実情なんです。 えっ、認知症を完治させる薬はないんですね!知らなかった…。 そのほかにも、ご本人の心身の状況を考慮して抗うつ薬などが処方されることもあります。 非薬物療法 非薬物療法って薬を使わない治療法ってことですよね。イメージができないのですが…。 非薬物療法は、リハビリテーションなどによる治療のことです。さまざまな治療法がありますが、主には以下のような治療をおこないます。 回想法 音楽療法 園芸療法 芸術療法 ペットセラピー 多くの治療法は、レクリエーションのように楽しみながらできるのが特徴。音楽や会話、園芸などを通して脳の活性化を図ります。また、レクリエーションによってご本人の精神が安定することで、「問題行動」と呼ばれる徘徊などの行為を軽減を目指します。 楽しみながらできるのか…。薬を使わない治療法も良いですね。 はい。ただ、入院しなくても薬物療法と非薬物療法のどちらもおこなえます。そのため、「介護が大変!入院させよう」とすぐに決めつけるのではなく、まずはかかりつけ医に在宅介護でも症状が軽減できる方法がないか相談してみてください。 そうなんですね。母のように認知症の症状がひどくなったら、精神科に入院するしかないと思っていました。とりあえず、かかりつけの先生に相談してみようと思います。 認知症の治療のために精神病院に入れることは可能 暴力を振るったり家族での介護が難しい場合に入院が認められることがある 入院での認知症治療は、薬物療法や非薬物療法などがある pre { margin: 40px 0; background: #333; padding: 20px; color: white; overflow: scroll; line-height: 1.1; ...

2024/03/14

認知症 在宅介護

認知症のせいでショートステイを断られることはありますか?理由も教えてください

認知症の親御さんを介護している友人が、「認知症のせいでショートステイを断られた」と言っていました。そんなことはあるんでしょうか? 私も認知症の父を在宅介護しており、ショートステイの利用を検討しています。しかし、友人の話を聞いて、父もショートステイの利用を断られてしまうのでは、と不安です。 (坂井さん・会社員・57歳) 認知症の症状によっては、ショートステイの利用を断られることはあります。具体的には、ほかのご利用者やスタッフさんに暴言や暴力を振るったり、帰宅願望によって落ち着きがないといった症状です。ただ、ほかにも施設が定員オーバーであったり医療行為が対応できないといった認知症と関係ない理由で断られる場合もあります。そのため、もし利用を断られたらまずは受け入れ拒否の理由を確認しましょう。もし、医療行為がある場合は一般的なショートステイの利用を断られる可能性があります。そのときは、医療型ショートステイ(短期入所療養介護)の利用も検討してください。 ショートステイ利用を断られる理由は? 認知症の親御さんを介護している友人が「ショートステイを断られた」と言っていました。そんなことってあるんでしょうか?私も認知症の父を介護しており、ショートステイの利用を考えています。もしかしたら、父もショートステイを断られてしまうのでは、と不安になって…。 どういった理由でショートステイを断られたんでしょうか? うーん、理由についてはよく聞いていないですね…。 法令上は、「正当な理由なく介護サービスの利用を断ってはいけない」とされています。が、正当な理由がある場合は、ショートステイの利用を断られることはありえます。 「正当な理由」ってどんな理由ですか? 厚生労働省は、以下のようなものが「正当な理由」にあたるとしています。 当該事業所の現員からは利用申込に応じられない場合  利用申込者の居住地が当該事業所の通常の事業の実施地域外である場合  その他利用申込者に対し自ら適切な介護サービスを提供することが困難な場合 引用元:厚生労働省 老健局「介護保険最新情報 Vol.920 令和3年2月8日」 わかりにくい言い回しなので、ひとつづつお話ししますね。 当該事業所の現員からは利用申込に応じられない場合 「当該事業所の現員からは利用申込に応じられない場合」というのは、つまりは定員オーバーになってしまう場合です。ショートステイに限らず、介護サービスにはサービスを提供できる定員が決められています。これはサービスの質や安全性を確保するために守らなければなりません。そのため、利用を希望するショートステイが定員を満たしている場合は利用を断られてしまうでしょう。 なるほど。安全のためなら定員は守らないといけないですね。 利用申込者の居住地が当該事業所の通常の事業の実施地域外である場合 「利用申込者の居住地が当該事業所の通常の事業の実施地域外である場合」というのは、ショートステイでは主に送迎のエリア外である場合が当てはまります。たいていのショートステイは自宅への送迎も含めてサービス提供しています。しかし、ご利用者の家を順番に車でまわって送迎するので、送迎可能エリアを指定していることが多いんです。そのため、送迎エリア外の場合は利用を断られる可能性があります。ただ、このケースではご家族がショートステイの建物まで送り迎えすることで利用可能になることも。ご家族で送迎ができるなら解決できるかもしれません。 ショートステイで送迎もしてくれるんですね。確かにあまりに遠い地域だと送迎までできないですもんね。 その他利用申込者に対し自ら適切な介護サービスを提供することが困難な場合 ご家族が頭を悩ませることが多いのが、「その他利用申込者に対し自ら適切な介護サービスを提供することが困難な場合」です。これは、つまりショートステイ側が対応しきれない状態のため利用を断るケースです。 「ショートステイ側が対応しきれない」とはどういうことですか? 認知症の方の場合、症状によってはショートステイで対応できないことがあります。具体的には、ほかのご利用者やスタッフさんに暴力・暴言がある、帰宅願望が強くて落ち着かないといったケースです。 うちの父はほかの人に手をあげたり暴言を吐いたりすることはないと思いますが、落ち着きがないときはありますね…。 認知症の受け入れ状況はショートステイによって大きく異なりますから、事前に確認してくださいね。また、インスリン注射や喀痰吸引といった医療行為が必要な場合も受け入れできないことが多いです。もし医療行為が日常的に必要な場合は、ショートステイに確認してくださいね。 ショートステイを断られたらどうすれば良い? ショートステイを断られる理由についてよくわかりました。もし、父がショートステイを断られたらどうしたら良いんでしょうか? もしショートステイを断られたら、次の順番で落ち着いて対応しましょう。 受け入れ拒否の理由を確認する ほかのショートステイを探す 1.受け入れ拒否の理由を確認する そのショートステイが定員オーバーなのか、送迎エリア外なのか、認知症の症状や医療行為が対応できないのか…受け入れを断られた理由を施設にはっきり確認しましょう。送迎エリア外の場合など、ご家族が送迎することで解決することもありますし、断られた理由をはっきりさせることで次のショートステイを探すときの判断材料になります。 確かに。なぜ断られたかわからないと、次にどうしたら良いかわからないですもんね。 2.ほかのショートステイを探す 定員オーバーや認知症の症状といった、こちらで解決できないことでショートステイを断られた場合、別のショートステイを探しましょう。 でも、もし認知症の症状が理由で断られた場合、ほかのショートステイでも受け入れてもらえないんじゃないですか? いえ、認知症の症状の受け入れは施設によって異なるんです。以前にも同様の症状を持つ方を受け入れた実績がある施設なら利用できるでしょうし、人員体制などによっても受け入れ状況が変わりますから。 そうなんですね!じゃあ、まずはショートステイに父の認知症について相談する必要がありそうですね。 それに加えて、医療行為が必要な場合もショートステイに相談してください。インスリン注射や喀痰吸引、経管栄養といった医療行為が日常的に必要な場合、一般的なショートステイだと受け入れてもらえない可能性があります。 うちの父は特に医療行為は必要ありませんが…。もし医療行為が必要になったら、ショートステイは利用できないんでしょうか? 一般のショートステイのなかには、医療行為も対応可能な施設はあります。もし、医療行為を理由にショートステイを断られた場合は医療型ショートステイ(短期入所療養介護)も検討してみると良いかもしれません。医療型ショートステイは、医療行為にも対応しているショートステイ。インスリン注射、経管栄養、喀痰吸引などにも対応しています。また、認知症やリハビリ、終末期のターミナルケアも対応しているなど、医療体制が整っている施設なんです。 へぇ!それは安心ですね。 医療型ショートステイのサービスを提供しているのは、主に以下の施設です。 介護老人保健施設 介護医療院 病院 これらの施設では医師や看護師が常駐しているなど、医療ケアが充実しています。そのため、医療行為が理由でショートステイを断られた方でも受け入れが可能だと思いますよ。ショートステイは施設によって受け入れ状況が大きく異なります。とある施設が受け入れNGだったからといって別の施設もNGとは限りません。まずは、受け入れを断られた理由をはっきりさせて、別のショートステイを検討してみてくださいね。 施設側は正当な理由なくショートステイの受け入れ拒否はできない 定員オーバー、送迎対象外地域、対応が難しい症状といった場合に断られることがある 断られたら、理由を確認してほかのショートステイを探そう pre { margin: 40px 0; background: #333; padding: 20px; color: white; overflow: scroll; line-height: ...

2024/02/29

認知症 在宅介護

父親の認知症が一気に進んだような気が…。そんなことはありえるんでしょうか?

最近、父の認知症が急に進んだような気がしています。父は物忘れはあったものの、トイレや着替えといったことは自分でできていました。でも、この数週間くらいでトイレの場所がわからなくなって廊下でおもらししてしまったり、服の着方がわからず、洋服が乱れていることが何度もありました。 父の認知症の症状が一気に進んでしまったのでしょうか?そもそもそんなことってあるのでしょうか? (神谷さん・パート・59歳) 認知症の進行は人それぞれなので一概には言えませんが、症状が急に進むことはありえます。特に血管性認知症の場合、脳の血管の損傷部分が広がったタイミングで進行するので、「急に症状が進んだ」と感じることがあります。また、失敗を責められたり環境の変化などでストレスがかかることで認知症が進行することもあります。認知症の進行を抑制するには、規則正しい生活や人との交流を持つ機会を作ることが大切。認知症だからと言ってこもりきりにならないように気をつけましょう。 認知症が一気に進む原因は? 最近、父の認知症が急に進んでしまったような気がして心配です。以前は物忘れはあるものの、着替えやトイレといった身の回りのことは自分でできていました。ですが、この数週間、服の着方がわからないのか、ボタンをちぐはぐにかけていたり洋服が乱れていることが増えました。それに、この間はトイレの場所がわからなくなって廊下でおもらししてしまったんです!今までこんなことありませんでした。この数週間で一気に認知症が進んでしまったのでしょうか?そもそも、そんなことはありえるんでしょうか? 認知症の進行は個人差が大きいので一概には言えませんが、症状が一気に進むことはありえます。例えば、以下のようなことが原因で症状が進んでしまうことがあるんです 脳血管性認知症の特性によるもの 脳への刺激不足 精神的なストレス 脳血管性認知症の特性によるもの 認知症のなかでも脳血管性認知症の場合、症状が段階的に進行するため、「一気に認知症が進んだ」と感じることがあります。というのも、脳血管性認知症は脳血管の損傷によって起こる認知症です。そのため、脳の血管の損傷が増えたタイミングで症状が進行することも。ついこの間までできていたことが急にできなくなったり、その状態のまましばらく状況が落ち着いていたり…と段階的に症状が進むのが特徴なんです。ちなみに、お父様は脳血管性認知症でしょうか? いえ、アルツハイマー型認知症と診断されています。なので、これは父には当てはまらなさそうですね… 脳への刺激不足 認知症が進行する理由として、脳への刺激不足もあります。これまでご自分でやっていた家事や家計の管理などをご家族が代わりにしてあげたり物事を考える機会が減ると、脳への刺激が不足してしまって症状が進行してしまうんです。 脳への刺激不足ですか…。確かに、以前は父も掃除や土いじりといったことをよくやっていました。でも認知症になってからは全然やってないですね。確かに家族がやってしまっていたかも。 精神的なストレス 精神的なストレスも認知症が進行する原因になりえます。ストレスが溜まると記憶力がさらに低下したり、感情のコントロールができなくなったり注意力が散漫になることもあります。 ストレスで認知症が悪化してしまうなんて…。どんなことがストレスの原因になるんでしょうか? 例えば、以下のようなときにストレスを感じやすいです。 失敗を何度も責められる 引っ越しなどで暮らす環境が変わった パートナーの死別など人間関係に変化があった 外出の制限がある 何をするにも家族に付き添いをされる 認知症の影響や老化によって、できないことが増えていきますよね。当然、これまで当たり前にできたことができなくなったり時間がかかることもあるでしょう。それを「ちゃんとやって!」「早くして」と責められたり急かされたりすることが大きなストレスになることがあります。認知症の方はどうしてできないのか自分でもわからない場合や、そもそも失敗を記憶していない場合もあるので、責められたり急かされたりすることが余計にストレスを感じやすいんです。 そうなんだ…。私に余裕がないときは、父がちゃんとできないのを見てイライラして責めてしまって。それが原因で認知症が悪化したのかな…。 ほかにも、暮らす環境や人間関係の変化も認知症の方にとって大きなストレスになることも。認知症になると新しい物事の記憶が苦手になります。そのため、引っ越しなどで生活環境が変わったり、身近な人が亡くなったりした際に慣れるのにより時間ががかかるんです。誰でも、気が付いたら知らない場所にいたり、いつのまにか身近な人が亡くなっていたら不安になりますよね。新しい出来事の記憶が難しい認知症の人にとって、環境の変化は大きなストレスになることが想像できると思います。 つまり、認知症の人は新しいことをすぐに忘れてしまうから、環境が変化したことを覚えていないんですね。確かに、それだったらものすごいストレスかも。 また、行動が制限されることもストレスの原因のひとつ。外出を制限されたり、やりたいことを自由にできない状況だとストレスを感じてしまいます。 そんな状況だったら誰でもストレスが溜まると思います。 おっしゃる通りです。ですが、高齢になったり認知症になると、「危ないから」と行動を制限することが増えてしまいがちですよね。例えば、料理や掃除といった家事や1人での外出を制限しているご家庭は多いと思います。もちろん、危険性を考えたら制限しないといけないことはあります。しかし、必要以上に制限するとストレスが大きくなって認知症進行の原因になってしまうこともあるんです。 認知症の進行を抑える方法 認知症が一気に進んだ理由について、思い当たることがいくつかありました。これ以上、認知症を悪化させないようにするにはどうしたら良いですか? 残念ながら、完全に認知症の進行を止める方法は見つかっていません。が、認知症の進行をゆっくりにすると考えられる方法はあります。例えば、以下のような方法です。 規則正しい生活にする 人との交流を増やす 規則正しい生活にする 認知症の症状は、いわゆる体内時計(概日リズム)が乱れることでも悪化してしまうことが知られています。そのため、決まった時間に起床・就寝したり、食事を摂ることで体内時計を整えていきましょう。また、栄養バランスの良い食事を摂ることでも認知症の進行が抑えられることがわかっています。朝・昼・夕の3食きちんと摂ると生活リズムを整えやすくもなりますよ。 健康的な生活が認知症の進行を抑えるんですね! おっしゃる通りです。また、日中に運動を取り入れることで程よく疲れて、夜に眠りやすくなります。体を動かすのはストレス解消にもなります。散歩などの軽いもので良いので、運動を習慣にしましょう。 人との交流を増やす 先ほど、認知症が進行する原因のひとつとして脳の刺激不足があるとお話ししましたね。人と交流することは脳の刺激になるので、ぜひご家族以外の誰かと交流する機会を作っていただきたいんです。例えば、近所の人でも良いですし、普段は離れて暮らしているご親族に顔を出してもらうのでも良いでしょう。もしくは、在宅介護サービスであるデイサービスを利用するのもおすすめです。デイサービスなら体操やレクリエーションをする機会もあるので、体を動かしたりする時間を増やせますよ。 デイサービス、良いですね。今まで在宅介護サービスって使ったことがなかったのですが、デイサービスを利用してみるのも良いかもしれないです。 認知症は症状や進行状況に大きな個人差がある病気です。薬などによって治療する必要がある場合もあるでしょう。そのため、「いつもと違う」「今までできたことができなくなった」と感じたら、病院に行くことも大切です。症状に変化があったらすぐに対応できるように、お父様とのコミュニケーションは欠かさないでくださいね。 新たな病気、脳の刺激の減少、責められるなどが原因で認知症が進行することも 認知症の進行を遅らせるには、生活習慣を見直す、人との交流を増やすなどの方法がある pre { margin: 40px 0; background: #333; padding: 20px; color: white; overflow: scroll; line-height: ...

2024/02/27

在宅介護 介護疲れ

親の介護が原因で家庭崩壊してしまうかも…。予防する方法はありますか?

3ヵ月ほど前には母が自宅で転倒し入院し、一人で歩くのが難しくなって介護が必要な状態になってしまいました。家の中を歩くのにも付き添いが必要なので、トイレもお風呂も私が介護しています。 車で1時間ほどのところに妹と弟が住んでいますが、介護を手伝う気はまったくなし。最近では、私が母の介護の話ばかりをするせいか、電話をしても妹や弟につながりにくくなってしまって。つながっても、母のことで口論となってしまって…。 母の介護が始まる前はここまで仲の悪いきょうだいではなかったのですが…。介護が始まって関係が悪くなってしまったような気がします。このままでは家庭崩壊してしまうかもしれません。どうしたら良いですか? (小笠原さん・パート・65歳) それは大変な状況ですね…。家庭崩壊をしてしまう前に、対策をとっておきましょう。それは「家族で役割分担をする」「介護サービスを活用する」といったものです。週1回でも手伝いに来てもらったり、ごきょうだいに直接的な介護の支援をしてもらえなさそうなら金銭面での援助を求めたりなどの役割分担が大切です。そうしないと、小笠原さんの負担が大きくなり、共倒れになってしまいます。また、介護サービスを活用するのも大切。すでに利用していても介護サービスの量を増やすことで、負担がかなり減ると思いますよ。 介護で家庭崩壊してしまう対策と原因 3ヵ月ほど前に母が自宅で転倒してから、介護が必要な状態になってしまいました。なんとか歩けるものの、手すりにつかまったり私が手を引いたりしないといけないですし、足元がおぼつかなくて危険です。なので、トイレに行くのもお風呂に入るのも、私が介助しています。こんな状況なのに、妹と弟は手伝う気が一切なし。「仕事が忙しい」「姉さんに任せた」と言って、私に丸投げなんです。車で1時間ほどのところに住んでいるので、来れない距離じゃないのに…。最近では、電話しても出てくれないことも増えたし、出たと思ってもすぐに口論になってしまって。母の介護が始まる前はそこまで仲の悪いきょうだいではなかったんです。このままでは関係が悪くなって家庭崩壊してしまうかも…。どうしたら良いでしょうか? それはおつらい状況ですね…。介護が原因の家庭崩壊を避けるためには介護体制を整えることが大切です。具体的には以下のような方法です。 家族で役割分担をする 介護サービスを活用する 費用の減免制度を活用する 家族で役割分担をする 介護によって家庭崩壊をしてしまう原因のひとつに、家族で話し合いができていないことがあります。小笠原さんのお母様の場合、急に介護が始まってしまったので介護の役割分担などの話し合いができなかったと考えられますが…どうでしょうか? はい、その通りです。でも、今の状態ではろくに話し合いもできない気が…。 ごきょうだいと話し合いができない理由のひとつに、介護に関わっていないほかのきょうだいが事態の重大さを把握していないことがあります。特に転倒などで急に介護が必要となったケースでは、お元気だったころの親御さんの姿のイメージしかないので、介護が大変なことを理解できていない可能性も。親御さんの状況を直接見ていない場合ならなおさらです。 妹も弟も転倒した直後に一度、母の入院先にお見舞いに来たきりです。家での様子は見てはいないですね。私がいつも電話で母の様子を伝えていますが、それでは足りないんでしょうか? 私が多くの方のご相談を受けた経験からお伝えすると、妹さんも弟さんもお母様はもっと軽い状況だと思っている可能性が高いですね。そのため、まずは妹さんと弟さんにお母様の今の状況を見てもらって、そのうえで顔を合わせた状態で話し合いをすることをおすすめします。介護の大変さが伝わると思いますよ。 そこまでしないといけないんだ…。 また、役割分担をする場合は、妹さんや弟さんにお願いしたい内容を具体的に伝えることが大切。例えば、「週に2回は手伝いに来てほしい」「通院の送り迎えをしてほしい」といった内容です。もしかしたら、仕事や家庭のことでどうしても直接的な手伝いができないケースもあるでしょう。その場合は、多めに介護費用を出してもらうといった方法もありますよ。 なるほど…。今まで「手伝って」としか言っていなかったかも。頼みたいことを具体的にしておきます。 介護サービスを活用する 介護の負担は中心となって介護をしている人に集中してしまいがちです。そのため、積極的に介護サービスを活用することをおすすめします。特におすすめなのは、ショートステイ。1日から介護施設に宿泊できるサービスで、最大30日連続で利用できます。ご家族が体調不良などで介護できないときはもちろん、息抜きのために利用している人も多いですよ。 息抜きのために利用できる介護サービスがあるんですね! そうなんです!在宅介護は負担が大きいものです。ご家族だけで介護をするのはかなり厳しいので、ショートステイを使って、適度に休憩をしていきましょう。また、お風呂の介助が必要ならデイサービスもおすすめ。これは、介護施設に通って9~16時の間を施設で過ごせるサービスで、入浴介助も受けられるんです。そのため、週に2~3回利用して、お風呂をデイサービスで済ませている方も少なくないんですよ。 へぇ!お風呂に入れてくれるのは助かります。うちのお風呂は狭いし、滑って危ないので…。 今、お話ししたものも含めて、在宅介護をしている方が利用できる主な介護サービスには以下のようなものがあります。 訪問介護 デイサービス ショートステイ 福祉用具の貸与 福祉用具の購入 費用の減免制度を活用する 介護は思った以上にお金がかかるものですよね。そのため、介護によって経済的に苦しい状況になってしまうこともありえます。そこで、介護費用の減免制度を活用していくことが大切です。 介護費用の減免制度なんてあるんですか! そうなんです。例えば、以下のようなものがあります。 高額介護サービス費 高額医療・高額介護合算療養費制度 医療費控除 特定入所者介護サービス費 社会福祉法人などの利用者負担軽減制度 これらの制度は、上限額を超えて介護サービス費や医療費を支払った場合に払い戻しや控除が受けられるものです。また、特定の施設に入居すると利用料が減額されるものもあります。上限額や減額は所得に応じてそれぞれ設定されています。詳細は以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。 家族内で家庭崩壊を解決できないときは… もし、妹や弟と話し合いができなくなってしまったらどうしたら良いでしょうか? そうですね…。最終手段としては、家庭裁判所で「扶養請求調停」を申し立てる方法があります。法律上、直系血族やきょうだいはお互いに扶養義務があるとされています。その義務を果たさなかったり、扶養義務がある人同士でお互いの支援について話し合いでまとまらない場合に、家庭裁判所が間に立って調停するものです。具体的には、家庭裁判所が小笠原さんや妹さん、弟さんなどの話を聞いたうえで、お母様への支援として「毎月何万円支払う」といった提案がなされます。もしそれでも合意されなかった場合は、家庭裁判所が法律的に妥当な方法を指定して審判がされます。つまり、家庭裁判所に強制的に介護の負担を決められてしまいます。 そんなことになってしまうんですね…。そうならないように、家族での話し合いが大切ということですね。 参考:「扶養請求調停」(裁判所) 介護で家庭崩壊するとどうなる? 考えたくはないことですが、妹や弟との関係がさらに悪くなって家庭崩壊してしまったらどうなるんでしょうか? 妹さんや弟さんと完全に縁が切れてしまって、小笠原さんが介護のすべてを担うことになるでしょう。今後、お母様の状態が進行したら、さらに介護の負担が大きくなることが考えられます。そのため、以下のような状態になってしまう危険性があります。 経済的に困窮する 親を虐待する 介護うつを発症する 経済的に困窮する ほかのごきょうだいからの支援がないとなると、経済的に困窮する可能性が考えられます。先ほどもお話しした通り、介護にはお金がかかります。そのうえ、ほかのご家族から直接の介助や経済的な援助という形でサポートがないと、介護をする人だけのお金と時間を使わないといけなくなります。お母様の蓄えが十分にある場合は問題ないと思います。が、そうでない場合は、介護の時間を作るために仕事を辞めて、収入が減ったから節約するために自分で介護をして…といった負の連鎖になってしまう可能性も考えられます。直接的な支援がごきょうだいから得られなくても、経済的支援があれば介護サービスを使って負担が減らせます。経済的支援があるかないかで介護の負担は大きく変わるんです。 親を虐待する 介護をしている親を子どもが虐待するというニュースは見たことありますが…。 はい。高齢者虐待はテレビなどでも取り上げられていますからご存知だと思います。こうした高齢者虐待の原因の多くは介護によるストレスなんです。特に一人で介護をしている場合の心身のストレスは莫大です。そうしたストレスが親御さんに向いて、虐待という結果になってしまったケースが少なくありません。 つまり、ニュースで見る高齢者虐待は親子仲が悪かったわけではないんですか? はい。必ずしも親子関係が悪いことが虐待の原因になっているわけではありません。むしろ「私がちゃんと最期まで介護をしないと」と、考えているお子さんに限って虐待をしてしまうとも言われています。そうした悲しい事態を避けるためにも、ご家族で分担して介護をおこなってくださいね。過去に親御さんに手をあげてしまった方のご相談も乗っています。参考にしてみてください。 介護うつを発症する 一人で頑張りすぎた結果、介護うつになってしまう危険性もあります。介護うつとは介護が原因で発症するうつ病のこと。心身のストレスや疲労が溜まった結果、発症してしまうものです。 私もこのところの介護で疲れていて。介護うつになってしまうんでしょうか…。 介護うつは早期発見が大切です。介護うつの症状をまとめましたので、思い当たるものがあったらまずは介護を休んで、心身をリフレッシュする時間を作りましょう。 食欲不振 睡眠障害 疲労感 焦燥感 思考障害 そういえば、最近、寝付きが悪いかも。それに疲労感は常にあるし…。母が転倒してからずっと介護のことばかりだったので、ちょっと休憩するタイミングなのかもしれませんね。 はい、定期的に”介護休み”を作って休憩しましょう!もしすぐにごきょうだいの支援がもらえなさそうであれば、ショートステイなどの介護サービスを活用して、”介護休み”を作るのもおすすめの方法ですよ。 家族で話し合いできていない、介護者の心身疲労、経済的困窮で家庭崩壊をしてしまうことも 家族間の話し合い、介護サービスの利用、費用の減免制度や家族からの経済的支援によって対策をしよう 家庭崩壊すると経済的困窮、親への虐待、介護うつなどに陥る危険性がある pre { margin: 40px 0; background: ...

2024/02/09

よく読まれている記事

よく読まれている記事

article-image

介護付き有料老人ホームとは│提供されるサービス・費用・入居条件などを解説

介護付き有料老人ホームは、介護スタッフが24時間常駐している介護施設。介護サービスや身の回りの世話を受けられます。 この記事では、介護付き有料老人ホームの種類及び入居のための条件や必要な費用、サービス内容などを詳しく説明しています。 https://youtu.be/oK_me_rA0MY 介護付き有料老人ホームの特徴 介護付き有料老人ホームとは、有料老人ホームのうち、都道府県または市町村から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた施設です。24時間介護スタッフが常駐し、介護や生活支援などは施設の職員により提供されます。 主に民間企業が運営しているため、サービスの内容や料金は施設ごとに異なります。また、入居基準も施設により異なり、自立している方から介護が必要な方まで幅広く受け入れている施設も。選択肢が幅広いため、自分に合った施設を選ぶことができます。 看取りまで対応している施設も多数あり、「終の棲家(ついのすみか)」を選ぶうえでも選択肢のひとつとなります。 全体の概要をまとめるとこのようになります。 費用相場 入居時費用 0~数千万円 月額利用料 15~30万円 入居条件 要介護度 自立~要介護5※1 認知症 対応可 看取り 対応可 入居のしやすさ ◯ ※施設の種類によって異なります。 特定施設入居者生活介護とは 特定施設入居者生活介護は、厚生労働省の定めた基準を満たす施設で受けられる介護保険サービスです。ケアマネジャーが作成したケアプランに基づき提供される食事や入浴・排泄など介助のほか、生活支援、機能回復のためのリハビリなどもおこなわれます。指定を受けてこのサービスを提供する施設は、一般的に「特定施設」の略称で呼ばれています。 介護付き有料老人ホームの種類と入居基準 介護付き有料老人ホームには「介護専用型」「混合型」「健康型」の3種類があり、それぞれ入居条件が異なります。 介護度 ...

2021/11/10

article-image

グループホームとは|入居条件や費用、入居時に気をつけたいポイントを解説

認知症の方の介護は大変です。「そろそろ施設への入居を検討しよう」と思っても、認知症の症状があると、入居を断られてしまうのではと心配もあるでしょう。 グループホームは認知症高齢者のための介護施設です。住み慣れた地域で暮らし続けられる地域密着型サービスであり、正式な名称を「認知症対応型共同生活介護」といいます。 こちらの記事では、グループホームについて解説します。また、グループホームで受けられるサービスや費用、施設選びのポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 https://youtu.be/EofVO7MRRDM この記事を読めばこれがわかる! グループホームの詳細がわかる! グループホームを選ぶ際のポイントがわかる! グループホームへ入居する際の注意点がわかる! グループホームとは グループホームとは、認知症高齢者のための介護施設です。専門知識と技術をもったスタッフの援助を受けて、要支援以上の認知症高齢者が少人数で共同生活をおくります。 「ユニット」といわれる少人数のグループで生活し、入居者はそれぞれ家事などの役割分担をします。 調理や食事の支度、掃除や洗濯など入居者の能力に合った家事をして自分らしく共同生活を過ごすところが、ほかの介護施設や老人ホームとは異なるポイントです。 グループホームの目的は、認知症高齢者が安定した生活を現実化させること。そのために、ほかの利用者やスタッフと協力して生活に必要な家事を行うことで認知症症状の進行を防ぎ、できるだけ能力を維持するのです。 グループホームは少人数「ユニット」で生活 グループホームでは「ユニット」と呼ばれるグループごとに区切って共同生活を送るのが決まり。1ユニットにつき5人から9人、原則1施設につき原則2ユニットまでと制限されています。 少人数に制限する理由は、心穏やかに安定して過ごしやすい環境を整えるため。環境変化が少なく、同じグループメンバーで協力して共同生活することは、認知症の進行を防ぐことに繋がります。 認知症の方にとって新しく出会う人、新しく覚えることが難しいので、入居者やスタッフの入れ替わりが頻繁にある施設では認知症の高齢者は心が落ち着かず、ストレスを感じ生活しづらくなってしまいます。その結果、認知症症状を悪化させるだけでなく、共同生活を送る上でトラブルを起こすきっかけとなります。 慣れ親しんだ場所を離れて新しい生活をするのは認知症の方には特に心配が尽きないもの。その心配を軽減するため、より家庭にできるだけ近づけ、安心して暮らせるようにしています。 グループホームの入居条件 グループホームに入居できるのは医師から「認知症」と診断を受けている方で、一定の条件にあてはまる方に限ります。 原則65歳以上でかつ要支援2以上の認定を受けている方 医師から認知症の診断を受けている方 心身とも集団生活を送ることに支障のない方 グループホームと同一の市町村に住民票がある方 「心身とも集団生活を送ることに支障のない」という判断基準は施設によって異なります。入居を希望している施設がある場合には、施設のスタッフに相談しましょう。 また、生活保護を受けていてもグループホームに入ることは基本的には可能です。しかし、「生活保護法の指定を受けている施設に限られる」などの条件があるので、実際の入居に関しては、行政の生活支援担当窓口やケースワーカーに相談してみましょう。 グループホームから退去を迫られることもある!? グループホームを追い出される、つまり「強制退去」となることは可能性としてゼロではありません。一般的に、施設側は入居者がグループホームでの生活を続けられるように最大限の努力をします。それでも難しい場合は、本人やその家族へ退去を勧告します。「暴言や暴力などの迷惑行為が著しい場合」「継続的に医療が必要になった場合」「自傷行為が頻発する場合」etc。共同生活が難しくなった場合には追い出されてしまうこともあるのです グループホームで受けられるサービス グループホームで受けられるサービスは主に以下です。 生活支援 認知症ケア 医療体制 看取り それぞれ詳しく見てみましょう。 生活支援 グループホームでは以下の生活面でのサービスを受けられます。 食事提供 :◎ 生活相談 :◎ 食事介助 :◎ 排泄介助 :◎ 入浴介助 :◎ 掃除・洗濯:◯ リハビリ :△ レクリエーション:◎ 認知症を発症すると何もできなくなってしまうわけではなく、日常生活を送るだけなら問題がないことも多いです。 グループホームには認知症ケア専門スタッフが常駐しています。認知症進行を遅らせる目的で、入居者が専門スタッフの支援を受けながら入居者の能力(残存能力)に合った家事を役割分担して自分たち自身でおこないます。 食事の準備として買い出しから調理、配膳、後片付けまで、そして洗濯をして干すといった作業や掃除も、スタッフの介助を受けながら日常生活を送ります。 グループホームでは、入居者の能力(残存能力)に合った家事を役割分担して自分たち自身でおこなうことになります。 例えば、食事の準備として買い出しから調理、配膳、後片付けまで。また、そして洗濯をして、干すまで…など。そのために必要な支援を、認知症ケアに長けた専門スタッフから受けられるのが、グループホームの大きな特徴です。 グループホームは日中の時間帯は要介護入居者3人に対して1人以上のスタッフを配置する「3:1」基準が設けられています。施設規模によっては、付き添いやリハビリなどの個別対応が難しいので、入居を検討する際は施設に確認しましょう。 認知症ケア 施設内レクリエーションやリハビリのほかに、地域の方との交流を図るための活動の一環として地域のお祭りに参加や協力をしたり、地域の人と一緒に公園掃除などの活動を行う施設も増えてきました。 グループホームとして積み上げてきた認知症ケアの経験という強みを活かし、地域に向けた情報発信などのさまざまな活動が広がっています。 地域の方と交流する「認知症サロン」などを開催して施設外に居場所を作ったり、啓発活動として認知症サポーター養成講座を開いたりするなど、地域の人々との交流に重きを置くところが増えています。 顔の見える関係づくりをすることで地域の人に認知症について理解を深めてもらったり、在宅介護の認知症高齢者への相談支援につなげたり。 こうした活動は認知症ケアの拠点であるグループホームの社会的な価値の向上や、人とのつながりを通じて入所者の暮らしを豊かにする効果が期待できます。 医療体制 グループホームの入居条件として「身体症状が安定し集団生活を送ることに支障のない方」と定義しているように、施設に認知症高齢者専門スタッフは常駐していますが、看護師が常駐していたり、医療体制が整っているところはまだまだ少ないです。 しかし近年、高齢化が進む社会の中で、グループホームの入居者の状況も変わってきています。 現在は看護師の配置が義務付けられていないので、医療ケアが必要な人は入居が厳しい可能性があります。訪問看護ステーションと密に連携したり、提携した医療機関が施設が増えたりもしているので、医療体制について気になることがあれば、施設に直接問い合わせてみましょう。 看取り 超高齢社会でグループホームの入所者も高齢化が進み、「看取りサービス」の需要が増えてきました。 すべてのグループホームで看取りサービス対応しているわけではないので、体制が整っていないグループホームの多くは、医療ケアが必要な場合、提携医療施設や介護施設へ移ってもらう方針を採っています。 介護・医療体制の充実度は施設によってさまざまです。介護保険法の改正が2009年に行われ、看取りサービスに対応できるグループホームには「看取り介護加算」として介護サービスの追加料金を受け取れるようになりました。 看取りサービスに対応しているグループホームは昨今の状況を受け増加傾向にあります。パンフレットに「看取り介護加算」の金額が表記されているかがひとつの手がかりになります。 グループホームの設備 グループホームは一見、普通の民家のようで、家庭に近い雰囲気が特徴ですが、立地にも施設基準が設けられています。 施設内設備としては、ユニットごとに食堂、キッチン、共同リビング、トイレ、洗面設備、浴室、スプリンクラーなどの消防設備など入居者に必要な設備があり、異なるユニットとの共有は認められていません。 入居者の方がリラックスして生活できるように、一居室あたりの最低面積基準も設けられています。このようにグループホーム設立にあたっては一定の基準をクリアする必要があります。 立地 病院や入居型施設の敷地外に位置している利用者の家族や地域住民と交流ができる場所にある 定員 定員は5人以上9人以下1つの事業所に2つの共同生活住居を設けることもできる(ユニットは2つまで) 居室 1居室の定員は原則1人面積は収納設備等を除いて7.43㎡(約4.5帖)以上 共有設備 居室に近接して相互交流ができるリビングや食堂などの設備を設けること台所、トイレ、洗面、浴室は9名を上限とする生活単位(ユニット)毎に区分して配置 グループホームの費用 グループホーム入居を検討する際に必要なのが初期費用と月額費用です。 ここからは、グループホームの入居に必要な費用と、「初期費用」「月額費用」それぞれの内容について詳しく解説していきます。 ...

2021/11/15

article-image

【動画でわかる】有料老人ホームとは?費用やサービス内容、特養との違いは

介護施設を探している中で「老人ホームにはいろいろな種類があるんだ。何が違うんだろう?」と疑問を感じることがあるかもしれません。 そこで今回は、名前に「老人ホーム」とつく施設の中でも、「有料老人ホーム」を中心に紹介。よく似ている「特別養護老人ホーム」との違いも見ていきます。 「老人ホームの種類が多すぎて訳がわからない」と思ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。 https://youtu.be/eMgjSeJPT8c 有料老人ホームの種類 有料老人ホームには、以下の3種類があります。 介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム 健康型有料老人ホーム この3種類の違いを以下にまとめています。 種類 介護付き有料老人ホーム ...

2021/10/28

介護の基礎知識

total support

介護の悩みを
トータルサポート

total support

介護施設への入居について、地域に特化した専門相談員が電話・WEB・対面などさまざまな方法でアドバイス。東証プライム上場の鎌倉新書の100%子会社である株式会社エイジプラスが運営する信頼のサービスです。

鎌倉新書グループサイト